高齢者 医療用大麻
高齢者 医療用大麻

THCとCBDの比率は1対1がベスト!?高齢者の慢性疾患の治療に効果的!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

ベビーブーマーは米国の他のどのグループよりもマリファナに多くを費やしています。その理由は簡単で、高齢者と彼らの介護者の間で、大麻が効果的で安全な代替医療であるという認識が高まっているからです。そしてニューヨークの神経学研究者チームの働きのおかげで、その結論を支持する新しい証拠があります。200人以上の高齢(75+)の疼痛患者を対象とした彼らの予備研究は、医療大麻が疼痛症状を軽減し、患者がオピオイド鎮痛剤の使用を軽減することを発見しました。

THCとCBDの比率は1対1が高齢者の慢性疾患の治療に最も効果的

主任研究員のDr. Laszlo Mechtlerは、ニューヨーク州アマーストのDent Neurological Instituteの医学部長です。また、Roswell Park Cancer Instituteの神経腫瘍学のチーフでもあります。トリビューンと話して、Mechtlerは研究の有望な結果をまとめました。 「大多数の患者が戻ってきて、状態が良くなったと言っています」とMechtlerは語りました。

より具体的いうと、この研究で調査された204人の医療大麻患者の半分は、彼らの慢性的な痛みが減少したと述べ、18%が、睡眠が改善したと答えました。15%が神経痛の症状の改善を認め、そして10%が大麻が彼らの不安を軽減したと言いました。まとめると、10人中7人の患者が何らかの形の症状軽減を経験していると報告しました。研究参加者の約75%が慢性疼痛診断を受けていました。残りの25パーセントは、癌からてんかん、パーキンソン病までの広範囲の慢性疾患です。

この研究は75歳以上の患者を厳密に調査しました。そして高齢の患者にとって、THCの精神活性作用はあまり望ましくなく、まれに衰弱させることがあります。そして最初に、研究の参加者の3分の1以上が医療用大麻からの眠気などの副作用を報告しました。しかし、これら患者のために投与量を調整した後は、21%の患者だけが問題を抱え続けました。結局、研究の参加者のわずか3%が副作用のために医療用大麻の服用を中止しました。

精神活性の副作用の影響を制限するために、研究者らは用量だけでなくカンナビノイド濃度も調整しました。 Mechtler博士によると、THCとCBDの比率が1:1であることが理想的なカンナビノイドの賛辞でした。一致した比率は薬が効果的であると同時に副作用を制限することを可能にしました。参加者はまた、食用大麻からチンキ剤、カプセル剤、オイルまで、さまざまな形で医療用大麻を摂取しました。

調査結果はオピオイド鎮痛剤に代わる医療大麻の使用を支持する

医療大麻や慢性的な痛みや病気に関するこの研究の肯定的な発見に加えて、研究者たちはまた、患者によるオピオイド鎮痛剤の使用の大幅な減少を観察しました。予備調査結果によると、参加者の3分の1が医療用大麻に置き換えることで処方オピオイドの使用を減らすことができました。

これらの心強い結果は、ニューヨークの医療用マリファナプログラムによって最近採択されたオピオイド代替えの方針を支持するのに役立ちます。ニューヨークでは、医者がオピオイドを処方することができるどんな状態の患者も自動的に医療大麻治療の資格を得ることができます。

Mechtlerにとって、オピオイド代替品として大麻を使用することの重要性は誇張することはできません。「この国ではオピオイドの流行で、毎日115人が死亡している。アヘン剤の使用の可能性を減らすことができるのはWin/Winの状況です」とMechtlerは述べました。

「医療用マリファナを過剰摂取する人はいません」とMechtler氏は付け加えました。

これまで以上に、さらなる研究が必要

この研究の調査結果は予備的なものにすぎないことは注目に値します。そのため、彼らは査読を受けていません。しかし、Mechtlerと彼のチームは、フィラデルフィアで開催される次回のアメリカ神経アカデミー学会で彼らの研究について発表する準備をしています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu