|

Snoop Doggも出演する大麻戦争のドキュメンタリーがNetflixで4月20日に公開!

Netflixは、Grass is Greenerの公式予告編を公開しました。大麻がアメリカの音楽や文化などをどのように形作ってきたかについて、痛烈な見方をする新しいドキュメンタリーです。 Grass is Greenerは、映画監督、そしてヒップホップのパイオニアであるFab 5 Freddyによる演出とナレーションでアメリカのマリファナの歴史だけでなく、その歴史が合法化の推進と現在の大麻産業の発展にどのような影響を与えているかについても観客を教育することを目的としています。

長編ドキュメンタリーであるFab 5 Freddyの監督デビューは、4月20日に予定通りストリーミングが開始されます。

Fab 5 FreddyがSnoop Dogg、Chuck D、Killer Mikeなどを特集したドキュメンタリーを監督

マリファナの合法化を助けた人たちと麻薬政策と刑事司法改革の支持者は、麻薬戦争の凶悪で人種差別的な歴史について知っている為、彼らは今行っていることを進めています。

毎日、大麻を消費する人たちでさえ、特に彼らが禁止された生活をしているのなら、麻薬法執行機関によって生み出され、永続されている不平等に対する何らかの意味があるようです。

しかし、巨大な合法化市場は地下の闇取引によって姿を現しました。すべてがどこから来たのかを忘れないようにすることが重要です。

合法化はその歴史の過ちを一晩で消したり修正したりするものではありません。そして、そのことを示すために、Fab 5 FreddyのGrass is Greenerは、アメリカにおける大麻の過去、現在、そして未来を見ていきます。

Grass is Greenerは人種差別と不平等を冷静に見ている

Grass is Greenerは、カメラの中で大麻の喫煙がたくさん起こるとしても、大麻を吸って「ハイ」なることについてのドキュメンタリーではありません。代わりに、まだ進行中のマリファナの戦争の本質的で構造的な人種差別に直面する映画です。このドキュメンタリーは、刑事司法擁護団体と専門家とのインタビューを通して、マリファナを犯罪化することがアメリカ合衆国の黒人およびラテン系コミュニティに壊滅的な影響を及ぼしたという物語を語っています。

これはすでに何度も語られてきた物語です。しかし、Fab 5 Freddyはついにより広い文化的背景、特に音楽への影響を描きました。スヌープ・ドッグ、B-リアル、サイプレス・ヒルのセン・ドッグ、ダミアン・マーリー、チャックD、ダグE.フレッシュ、キラー・マイク、その他のポップカルチャーの有名人とのインタビューを特集したGrass is Greenerは、大麻とジャズ、ヒップホップとの豊かなつながりを際立たせています。ドキュメンタリーの公式予告編でFab 5 Freddyが言うように、「アメリカの大麻の歴史はアメリカの音楽の歴史と長い間結びついてきました。」

しかし、Fab 5 Freddyは大麻が主流になるにつれて、過去は簡単に忘れられてしまうということを知っています。歴史を忘れることは現在の不平等を永続させるための要素です。そのため、Grass is Greenerは、急速に拡大している大麻市場についても調査し、合法化業界で人種的格差がどのように続くかを示しています。

Grass is Greenerは4/20にNetflixで配信されます。また、サンフランシスコ国際映画祭でもデビューします。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *