リーバイスヘンプジーンズ
リーバイスヘンプジーンズ

Levi’sがヘンプを使用したジーンズを制作!環境に優しい製品開発!​

Levi Strauss&Co.は、「綿のように感じられる」麻(ヘンプ)で作られた新しい種類の衣類を作り出しました。麻は成長期に必要とする水と土地の量がはるかに少なく、従来の綿の約半分のカーボンフットプリント(製品が販売されるまでの温室効果ガス排出量)です。
ただ、手触りが粗いため、アパレル業界では広く採用されていません。

しかし今では、Levi’sは、繊維技術の専門家によって開発された、麻を柔らかくし、「綿とほとんど見分けがつかない」外観を与えるプロセスを採用しました、と同社は言います。

Wellthread x Outerknown春/夏コレクションの新しい麻の衣類には、ジーンズとトラッカージャケットが含まれており、70/30の綿と麻のブレンドで作られています。大麻は、繊維栽培に使用される水をおよそ30%削減しました。

新しいコレクションには、単繊維のナイロン製のボードショーツも含まれています。ここでは、アイレット、コア、ステッチなどすべての素材がナイロンで作られているため、完全にリサイクルが可能です。「このようにして、アパレル企業を長期にわたって排除してきたクローズドループのリサイクル性を達成します。」とLevi’sは述べました。

2015年に発売されたLevi’s Wellthread Collectionは、従来の藍染めと比較して最大70%少ない水しか使用しない、水なし染色技術を使用して作成されています。昨年秋に発売された Wellthread x Outerknownコレクション。両社によると、ラインにはできるだけ多くのリサイクルを使用するシャツ、ジーンズ、およびジャケットが含まれています。例えば、キルトのトラッカージャケットは、機械的にリサイクルされた綿から作られた多色の裏地を持っています。デニムの外装は、責任を持って管理された森林から供給される木材と化学的にリサイクルされた木綿の切り端から製造された繊維であるTencel x Refibraで織られています。

環境に優しい原料から作られたサーフィンウェアを販売している衣料品会社のアウターノウンは、物事を「正しい方法で」行うという哲学に基づいて2015年に立ち上げられました。

「People and Planet(人々と惑星)」というキャッチフレーズで、持続可能な服を作ることに注力しており、そのような服は必然的により高いコストでもたらされるという事実を認めています。「私たちは、好みの繊維のためにもっとお金を払うのではなく、好まれる繊維を使用するものだけを着用するという非常に有益なビジネスを顧客から構築しています。」と、CEOのMark WalkerはBarronsに語りました。

アパレル業界では、原料の使用から製造、小売まで、その持続可能性(またはその欠如)についてますます精査されています。これまで見過ごされていた、汚染化学物質の使用、衣服のゴミ捨ての習慣が、見出しを作り、ブランドに変更を促してきました。

環境に配慮した取り組みで持続可能性を重視していると思われる企業には、C&A、ノースフェイス、ティンバーランド、バンなどがあります。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter