CBD入り食品
CBD入り食品

FDAがCBD入り飲食物に関する最初の公聴会を5月末に予定!

FDA(食品医薬品局)はCBDの見方を更新しようとしている、と宣言しました。プロセスの一環として、この問題に関する最初の公聴会が5月31日に開催される予定です。

政府機関は、「大麻または大麻由来の化合物を含む製品の安全性、製造、製品品質、マーケティング、表示ラベル、および販売に関する科学的データおよび情報」を特に探していると発表しました。聴聞会はメリーランド州シルバースプリングにあるFDAのWhite Oakキャンパスで開催され、コメントは7月2日までに電子メールまたは郵送でも提出できます。また、参加に興味のある人は、直接または聴聞会のウェブキャストにサインインす参加することができます。

「特にCBD製品を入手する可能性は近年劇的に増加していますが、その広範囲な使用によってもたらされる安全上の配慮については未解決の問題が残っています」とFDAコミッショナーのScott Gottliebは聴聞会のメモで発表しました。

また広報の中で、Gottliebは、大麻および大麻由来の製品に対する政府機関の姿勢についてより多くの情報を求めている人々のために、FDAのウェブサイト上にQ&Aページを作成することを指摘しました。

FDAは2017年まで、CBDの使用法について公衆のコメントを求めていました。昨年、政府機関は正式に、ドラベまたはレノックス・ガストー症候群、2つの型の重症てんかんを持つ子供たちのための最初の大麻製品、イチゴ風味のCBD Epidiolexを承認しました。

現在のCBDの状況は、Epidiolexの成分であり、Willie NelsonのCBD入りコーヒーから3月に8州のCVSストアで陳列されたさまざまなCBD商品まで、全国各地で多数の食品、飲料、および有体製品として販売されているため、かなり複雑です。2月には、Martha StewartがカナダのCanopy Growthと提携してCBDペット製品を販売することが発表されました。

CBDに関するまとまりのある連邦ガイドラインを決定するようFDAには立法上の圧力がありました。ニューヨークでは、保健当局は飲食店での使用を禁止し、10月1日以降の販売に対して罰金が科されるような製品を販売するレストランに忠告します。

現状では、7月1日以降、ニューヨークでCBDを注入した飲食物を販売することは公式には違法となるでしょう。

しかし、政府機関がCBDを使用して製造された他の製品を通してその姿勢を微調整することは非常に重要です。先週、FDAと連邦取引委員会は、自社のCBD製品が特定の健康状態を治療できると主張していた3社に警告しました。

Gottlieb氏は、FDAワーキンググループは、CBDに関する調査結果を今年の夏には一般に公開する準備ができていると推定しています。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter