大麻 DNA
大麻 DNA

DEAは2020年に合法栽培された320万グラムの大麻を希望!

Share on facebook
Share on twitter

麻薬取締局(DEA)は、来年米国で320万グラム以上のマリファナを合法的に栽培することを望んでいると、同機関は木曜日に発表される通告で発表しました。

7,000ポンド以上の大麻は、植物の影響を調査する科学研究で使用されます。

この提案は、「米国の推定医学的、科学的、研究的、産業的ニーズ、合法的な輸出要件、および備蓄在庫の確立と維持を提供するための」規制物質の製造に対するDEAの年間割当の一部です。

麻薬撲滅対策局が提案した2020年のマリファナ輸送量は、今年の大麻の割り当て量である245万グラムよりも30%以上大きくなっています。

「この方針は、マリファナを含む承認された研究の増加によって生み出された需要を満たすでしょう」とDEAはプレスリリースで述べました。

「過去2年間で、マリファナ、マリファナ抽出物、誘導体、およびデルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)を使用した研究を行うためにDEAによって登録された個人の総数は2017年1月の384から2019年1月の542まで、40%以上増加しました。

DEAが研究に使用する追加の大麻栽培者のライセンスを取得するための措置を講じているため、増加が見られます。

先月、DEAは最初に申請を招待してから3年以上経たった、マリファナを製造するための新しいライセンスの処理を最終的に計画することを発表しました。

半世紀以上にわたり、ミシシッピ大学の農場は、米国での研究に使用される唯一の合法的な供給源でした。しかし、科学者は何回も施設からマリファナを入手することは困難であり、その製品は低品質であると不満を述べています。

研究では、連邦政府が承認したマリファナの現在の供給量は、市販の大麻よりも麻に似ていることが明らかにされ、消費者が多くの州の法的市場で実際に使用している製品の影響に対して、研究の適用可能性について疑問を投げかけています。

ミシシッピ州の施設のディレクターは最近、州の認可を受けた小売業者を通じて通常に利用されているTHCの含有率よりもはるかに少ない8パーセントのTHCを含む大麻を使用する理由を理解できないと述べました。実際の消費者に対するマリファナの効果を判断する際に今の製品の有用性は疑わしいことです。

先月、食品医薬品局と国立衛生研究所は上院議員への手紙で、追加の耕作者の免許を支持し、科学者がディスペンサリーから購入した大麻製品をテストできるようにすることを述べました。

また、別の新しい連邦登録通知では、DEAは384,460グラムのテトラヒドロカンナビノール、40グラムのLSD、50グラムのMDMAおよび30グラムのサイロシビンを来年生産することを提案しています。また、フェンタニルの生産量を31%、ヒドロコドンを19%、ヒドロモルフォンを25%、オキシコドンを9%、オキシモルフォンを55%削減したいと考えています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート