CBD食品取り締まり
CBD食品取り締まり

CBD食品の取り締まりの背景にあるもの!取り締まりは悪なのか?

Share on facebook
Share on twitter

2018年農業法案が麻(ヘンプ)由来の産業用大麻を連邦レベルで合法化して以来、CBDを注入したケーキ、クッキー、その他のおいしいお菓子は、全国でメニューの中心となってきました。しかし、大麻植物のこの人気のある新しい派生物の規制は動きが遅かった。

ニューヨーク、オハイオ、メインなどの州のいくつかのコーヒーショップやレストランでは、CBD入り食品の製造販売を中止するよう命令されています。これらの州の保健省は、食品医薬品局(FDA)が食品添加物としてCBDを承認していないため、もはや食品で販売することはできないと判断しました。昨年の活性炭含有食品の取り締まりについても、同様の推論が用いられました。

CBDの食品に対する取り締まりは、FDAの連邦食品・医薬品・化粧品法に基づいています。食品の製造者は、代理店の事前承認なしに、CBDのような化合物を含むいかなる薬物の成分を食品供給に加えることは許されていません。「栄養補助食品」のような成分を販売することも違法です。

これらの判決は、チンキ剤、クリーム剤、または蛇口油などの非食品形態のCBDには適用されません。

しかし、これは事業を後押しするために、CBDを注入した食品や飲料の販売を頼りにしていた多くのバーやレストランのオーナーにとっては、慰めになることはほとんどないでしょう。その好例は、ニューヨークのFat Cat KitchenのオーナーであるCJ Holm氏で、収入の30%はCBDを注入した製品の販売によるものだと述べています。

Holmによると、動きは突然現れました。 「すべてが公平ではない」と彼女は言いました。「法律とは何ですか? 彼らはただ、私のビジネスの半分を閉鎖しました。」

前回の2回の検査でCBDの販売について何も言わなかったにもかかわらず、いきなり市の保健当局が1,000ドル相当のCBD製品を押収し、それらを「禁輸」バッグに入れ、直近の訪問中にCBDを注入した商品の販売を中止するよう命じたと彼女は主張しました 。ニューヨークの他のレストランも、FDAによって安全であると承認されていないもの(CBDなど)を食品に追加することに対して警告されています。

Holmは、CBD製品を取り巻く急速に変化する規制を理解しようと努力している唯一の事業主ではありません。メイン州では、CBDを注入した飲食物を販売する事業も取り締まっていましたが、CBDの食用品を販売する小さな店を経営しているDawson Juliaのような人々にとってコミュニケーション不足はさらに深刻化しています。

「祝福の時を持ちながら、2年間ビジネスをやってきて、結果、麻(ヘンプ)が全国的に合法化されたばかりなのに、今メイン州はCBD食品を違法にしたいと言います。どうしてCBDは突然危険になったのですか?これはばかげている」とジュリアは言いました。

昨年レクリエーション大麻が合法化されたミシガン州でも、同じです。人々は錠剤、パッチ、さらには座薬でさえ、CBDを自由に売って消費することができます。しかし食べ物や飲み物は含まれません。

「食品に入れたものはすべて[FDA]によって規制されなければなりません。」と、Cannabis Legal Groupの弁護士であるBarton Morrisは述べました。「地方自治体がそうすることができるようになるとすぐに強制されることを私は知っていました。」

CBDの急増、そして一貫した基準の欠如について頭を悩ませてきた消費者にとって、この新たな規制は両手を広げて迎えられるかもしれません。長い目で見れば、承認されていないCBDを注入した食べ物や飲み物の販売を禁止することはおそらく良いことです、それはメニューで見るどんな商品を食べても安全だと人々を安心させるからです。

しかし、2019年の最もホットなトレンドを手に入れようとしていた食欲をそそる起業家にとって、最近の開発はCBD入りのスープに髪の毛を見つけたような気分にさせるかもしれません。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート