CBDオイル
CBDオイル

CBDはどう不安を解消するのか?最適なCBDオイルと適量の見つけ方!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

カンナビジオール、またはCBDは、薬理学的に広範囲で効果がある大麻の化学成分です。簡単に言うと、CBDにはさまざまな治療効果と薬効があり、大麻(そして麻)植物は自然にこの成分を作り出します。何十年もの間、CBDは神経系への影響について注目を集めています。てんかん、多発性硬化症、神経痛の治療でCBDについて多くのことを聞きます。しかし、外傷やうつ病からストレスや不安に至るまで、さまざまな神経精神障害を治療する可能性もあります。このガイドでは、不安解消のためにCBDを使用するケースを説明します。また、不安症状に最適なCBDオイルの投与量、方法、および不安解消に最適なCBDオイルを探索する方法についても説明します。

CBDはどのように不安を解消するのか

不安とは、日常的な悩みや、人生の多くの課題に対する恐怖から誘発される心情など、あらゆる種類の感情や経験を網羅する幅広い用語です。私達の祖先を生かしてきた適応システムの一部として、進化の過程でも取り残され、不安反応はニューロンに組み込まれています。現代の社会的および市民生活の複雑さによって、不安の反応はあらゆる症状として見られるようになりました。そして多くの人にとって、これらの反応は障害に陥る可能性があります。

不安障害はパニック発作を引き起こし、強迫行動を引き起こし、心的外傷後ストレスの症状を引き起こします。これらの精神状態に加えて、全般的な不安、社会的な不安、そしてストレスがあります。私たちは人生を生きている中でそれらを対処していかなければなりません。

CBDは処方薬とどのような共通点がありますか?

幸いなことに、多くの科学的研究(主に動物についてのものでいくつかは人間についてのもの)では、CBDが抗不安作用または不安軽減作用を生み出すことができることを示しています。これは、CBDが、プロザックやザナックスのような処方抗不安薬と同じ脳内システムを調節するように見えるためです。

現在、不安の治療法には2つのことがあります。第一に、脳のセロトニンを再吸収する能力を阻害することで、脳内のセロトニンレベルを上げるのを助けます。これは気分を改善します。あるいは、脳を刺激してニューロンの形成をする海馬に新しいニューロンを作り出させることで、不安や鬱病を軽減することが示されています。

Current Neuropharmacologyの2013年の研究では、ヒトにおけるカンナビジオールと神経新生の関連性が示されました。そして2016年の動物実験では、CBDが脳内のセロトニン伝達を刺激することによって速効型の抗鬱剤および抗不安効果を生み出すことができることが示されました。

その為、不安を治療するために自信を持ってCBDの使用ができる理由が十分にあります。しかし、不安にCBDオイルをどのように使用するかは、治療したい不安の種類によって異なります。まずは不安に最適なCBDオイルを見つける方法を見つけるために読んでください。それから、さまざまなタイプの不安を試すために投与量の概要を見てください。

不安に最適なCBDオイルを見つける方法

不安を治療するには、製造された高品質のCBDオイルを見つけることが重要です。CBDオイルをどのように消費するかはその人次第です。食べたり、飲んだり、舌に落としたり、あるいは蒸気を吸引することができます。しかし不安の種類にあった消費方法を選択すればさらに効果的です。これについては、投薬セクションで説明します。今のところ、不安に最高のCBDオイルを使用していることを確認する方法は次のとおりです。

最も重要なことは、不安に最適なCBDオイルにはTHCが含まれていないことを覚えておくことです。THCに対する敏感さに関係なく、不安を治療しようとしているならば、大麻の精神活性化学物質は間違った方向に効果を発揮してしまうかもしれません。

だから、麻(ヘンプ)由来の高品質CBDオイルをチェックしてください。麻植物は、ごくわずかな(そして合法的な)レベルのTHCと共に、大量のカンナビジオールを産生します。

さらに、CBDオイルに含まれるさまざまなエッセンシャルオイルの心を落ち着かせる効果も得ることができます。多くのCBD製品は、香りと風味のために他の植物油の注入を含んでいます。したがって、不安に最適なCBDオイルの中には、ラベンダー、シナモン、スペアミント、またはその他の心を落ち着かせるエッセンスが含まれているため、CBD製品の不安を軽減する効果が高まります。

不安に適切なCBDオイル量を見つける

不安は、日常的な不安や出来事への不安、あるいは衰弱性疾患への挑戦など、さまざまな形で存在します。このため、単一のCBD用量ですべての不安に対処することはできません。さらに、不安にCBDオイルを使用することに関する研究では、「急性」投与または必要に応じた投与に注目してきました。残念ながら、それは不安を治療するためにCBDオイルを毎日または定期的に使用することに関するデータが多くないことを意味しています。

日常的な社会的相互作用によって引き起こされる不安のために低CBDオイルの投与量を試す

通常の活動を妨げないような不安や社会的不安からの救済を探しているなら、少ない量のCBDを使用することが良い可能性があります。カンナビジオールの抗不安作用をすぐに得るために、CBD ヴェポカートリッジから数回息を吸い込んでください。もし長い間、ストレスを感じているなら、ヴェポライザーで吸引するより、食用CBDを選ぶことはより良い選択かもしれません。

OCDやパニック発作のような不安障害には中〜高CBDオイル投与量を使用する

より深刻な、急性の不安やパニック発作には、より大量のCBDを服用してください。これは、カンナビジオールがセロトニン吸収とセロトニン信号伝達の増加さを確実に抑制してくれるでしょう。CBDの身体的効果もまたより顕著に現れるでしょう。多くの場合、圧迫感やひりひりする痛みのような身体の症状は不安やパニックを引き起こす、または悪化させることがあります。CBDの全体的な心を落ち着かせる効果も、体内のこのストレスを解消するのに役立ちます。

PTSDに関連した不安にはもっと頻繁に高CBDオイルを服用する

PTSDのような極度の不安障害の場合、より頻繁なCBDオイルの服用が役に立つかもしれません。この種の不安には中~高CBDオイルの投与量で始めて、望ましい結果を達成するために試していくことが必要です。幸いなことに、カンナビジオールの安全性は非常に良く、処方抗不安薬よりはるかに良いです。

THCが原因の不安に対するCBDオイルの使用

最後に、CBDオイルを使用する最も強力な方法の1つは、時々不安を誘発するTHCの影響に対する「解毒剤」としてです。高レベルの摂取では、THCは不安、妄想、ストレスなどの否定的な反応を引き起こす可能性があります。身体はTHCの影響で過剰に刺激され、これらの反応を引き起こします。

しかし、両方が体内に存在する場合、CBDはTHCに対する拮抗薬として機能します。言い換えれば、CBDはTHCの効果を打ち消してバランスをとるのを助けて、体を落ち着かせて、より楽しい「ハイ」回復するのを助けます。

まとめると、CBDはさまざまな精神神経疾患の治療に広く有用です。そしてCBDオイルは多くの種類の不安を治療するための安全で効果的な代替医療を提供します。ニーズに合わせた不安を軽減するために、さまざまなCBD製品とCBDオイルの投与量を試してみてください。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu