THC CBD
THC CBD

CBDがマリファナのTHCからの妄想と不安をブロック!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

カナダの新しい研究は、CBDが大麻のTHCによる負の副作用をブロックすると示しています。

大麻の摂取を控える人々の一般的な理由は、大麻の喫煙が不安とパニックでシナプスを爆発させ、妄想的にさせることがあるということです。しかし、Journal of Neuroscienceで発表された新しい研究では、カンナビジオール、またはCBDを消費することで妄想を抑制できることが示唆されています。ねずみの動物実験を使用して、研究者はマリファナを吸うことで経験するかもしれない妄想的な考えを発見しました。マリファナの向精神性カンナビノイドであるTHCは、脳の海馬にある分子を刺激します。脳の海馬には、記憶、学習、感情の関連が多く保存されています。

その分子が誘発されると、不安、抑うつ、および習慣性行動の副作用を引き起こす可能性があることを研究は発見しました。

その後、科学者はラットにCBDとTHCを同時に与えることで、不安と妄想がより低いレベルになることを発見しました。さらに、細胞外シグナル調節キナーゼ(ERK)と呼ばれる海馬の分子は、正常なレベルの活性を維持していました。もっと明確に言うと、CBDはマリファナのTHCが通常引き起こす可能性がある負の副作用をブロックしました。

「私たちの調査結果は、大麻の処方と大麻の長期使用に重要な意味を持っています。たとえば、大麻関連の副作用を起こしやすい方にとっては、CBDが高くTHC含有量が低い品種に使用を制限することが重要です」と研究者で教授のSteven Laviolette氏は述べています。

一方で、科学者はCBDを単独で投与した場合のERKと不安レベルが低いことは発見できませんでした。Western Universityの研究者はCBDとTHCは一致して最適に機能する組み合わせです、と語っています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu