CBD Cannabidiol in pipette against Hemp plant with chemical molecule
CBD Cannabidiol in pipette against Hemp plant with chemical molecule

CBDがタバコの禁煙に役立つかもしれない!? 新しい研究が可能性を示唆!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

世界中で、大麻がもたらす多くの医学的メリットを受け入れ始めている中、大麻植物の新たな医学的用途を探求する研究が行われました。

最近発表された研究の1つは、大麻に含まれる有名な非精神活性化学物質の1つであるカンナビジオール(CBD)が、ニコチン喫煙者の喫煙習慣を止めることに役立つ可能性があることを発見しました。

2013年に、Addictive Behaviors誌に掲載された研究によると、CBD吸入器を与えられた喫煙者は、プラセボ(偽薬)を与えられた喫煙者と比較してタバコ消費量を約40%削減しました。しかし、研究には限られており、研究者たちは、CBDが喫煙者の喫煙の欲求を減少させている正確なメカニズムを特定することができませんでした。

この研究の有望な結果に、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの臨床精神薬理学部の博士課程の学生であるチャンドニー・ヒンドチャが関心を持ち、このトピックに関するさらなる研究を行うようになりました。「大麻、およびそれが作用する脳内系、内因性カンナビノイド系は、タバコの使用と非常に関連しており、大麻成分である、非精神活性カンナビノイドのカンナビジオールを禁煙の治療に使用できるかどうかを調査したかったのです。」とヒンドチャは述べました。

2013年の研究では、「大きな効果がありましたが、メカニズムは調査されませんでした。」とヒンドチャは説明しました。「このメカニズムは、たばこに注意を惹かれる特性の変調によると考えられました。」

新しい研究では、30人のニコチン依存喫煙者が一晩タバコを吸わないように求められ、ランダムに800ミリグラムのCBD、またはプラセボ(偽薬)のどちらかを受けるグループに割り当てられました。その後、喫煙者のそれぞれのグループにタバコをテーマにした写真と普通の写真を見せられ、注意度合を測定しました。最終的に、プラセボを摂取した喫煙者は、CBDを受けた参加者よりも喫煙関連の画像に注意を惹きつけられていることを研究者は発見しました。

「ニコチン依存の喫煙者に一晩たばこを禁じた後、800 mgのカンナビジオールを経口投与すると、プラセボと比較してたばこに興味を持つ度合いが低下した」と研究は結論付けました。しかし、研究者たちは「カンナビジオールはタバコの禁煙欲求や禁断症状、あるいは主観的な副作用には影響しなかった。これは、私たちが人々にCBDを1回しか投与していないためだろう。」と報告しています。

Hindochaはまた、禁煙への支援としての大麻の有効性を完全に調査するには、さらに研究が必要だと指摘しました。

「主要な禁煙薬と比較したCBDの有効性は何ですか?CBDは禁煙薬の補助として使用できますか?ニコチンの渇望や禁断症状に対する望ましい効果のために実際に必要な用量のCBDはどれくらいですか?CBDが機能する別のメカニズムはありますか?など、このような多くの質問に対処する必要があります。」

発作の治療から、自然な健康補助食品としての人気まで、CBDの潜在的な医療用途についてさらに学ぶ必要があります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart