| |

4/20にファーストフードチェーンがCBD入りハンバーガーを販売!

大麻の日を記念して、企業が流行に乗って特殊な植物をテーマにした製品を4月20日に発売することは決して珍しいことではありません。

そして今年、ファストフード業界がこの流行で騒ぎを起こします。具体的には、Carl’s Jr.は、大麻を注入した食品を発売する国内初のファーストフードチェーンになります。

バーガーチェーンは最近、今週の土曜日、4月20日のみ、新しいCBDを注入したバーガーを販売すると発表しました。

ロッキーマウンテンハイCBDバーガー

新しいハンバーガーはロッキーマウンテンハイと呼ばれています。ハンバーガーにはハラペーニョの酢漬け、ペッパージャックチーズ、フライドポテト、そしてCBDを注いだサンタフェソースが入った2つのビーフパティが含まれています。
現時点では、特製大麻ハンバーガーはコロラド州デンバーの4050 Colorado Blvd.にあるCarl’s Jr.でのみ販売されます。

ハンバーガーチェーンは今週の土曜日の午前6時にCBDバーガーの販売を開始します。そしてマリファナバーガーが売り切れるまで販売する予定です。

Carl’s Jr.は、Rocky Mountain High CBDバーガーを4.20ドルで販売する予定です。

ハンバーガーにはCBDのみが含まれ、THCは含まれないため、「ハイ」になることを期待しないようにしましょう。

ただ、特殊なソースは、カンナビノイドの効果として知られている治療上のメリットを消費者に与えることができる、十分なCBDを含むことができています。通常、大麻を消費すると、CBDはTHCの精神活性作用を和らげてくれます。

CarlのJr. new burgerのCBDを注入した製品のように、CBDを単独で消費すると、健康と治療に多くの利益をもたらします。

これらは鎮痛作用を含み、身体のリラックスをもたらすことができます。
CBDは、不安や強いストレス、さらにはその他のさまざまな健康状態に役立ちます。

CarlのJr.のCBD Burgerは通常のメニューになりますか?

Business Insiderによると、Carl’s Jr.は今週末、CBDバーガーのパフォーマンスがどの程度良くなるかに細心の注意を払う予定です。

そして会社が成果に満足した場合、通常のメニューとして新しいハンバーガーを広げるかもしれません。

もちろん、大麻由来の製品なので、扱いにくい法律をうまくすり抜ける必要があります。
しかし、CBDが急速に主流になりつつあり、麻から抽出したCBDを支持する重要な法改正があるため、CBD製品はTHCを含む製品よりも市場に投入しやすい傾向があります。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *