image 28
image 28

2018年10月17日 カナダで大麻が解禁!

Share on facebook
Share on twitter

嗜好品としても使用が可能に

遂に2018年10月17日にカナダで大麻の合法化が始まりました。これで世界では2か国目の大麻の購入や使用ができる国となりました。 以前から医療目的の処方や使用を認められていましたが、嗜好品としても使用が可能になったことは世界にとって大きな一歩となるはずです。 そこで、今回の合法化に伴い、少しカナダの大麻に関する知識をお伝えしたいと思います。

カナダでは誰が大麻を購入できるのか?

成人は法律の下で嗜好品用大麻を購入、使用、所有、栽培することが許可されます。ケベック州とアルバータ州では、成人の年齢は18歳です。その他の州は19歳です。

どこで購入できるのか?

マリファナは、アルコールやタバコと同じ場所では販売されません。また初期の嗜好品の供給は、一部の店舗のみと制限される可能性があります。消費者は、店舗が利用できない場合には、州および地域によって規制された小売業者、または連邦認可の生産者から購入することができるとされています。

大麻をカナダ国外に運ぶことは可能ですか?

大麻を国外に運んだり、持って入ったりすることはできません。もし、誤って持ち出してしまった場合、犯罪者として扱われる可能性がある為、十分に注意してください。  コロラド、または合法化された他の8つの州に行く場合でも、国境を越えて持ち運びすることはできません。

カナダはなぜ大麻を合法したのですか?

大麻の合法化は、カナダでの税収や40億ドル以上の産業を創出することが期待されたからです。またブラックマーケットにお金が流れてしまい、ギャングや組織の収入源となることを防ぐためです。  カナダは以前、30グラム以下の大麻の所持で有罪判決を受けたカナダ人を赦免する計画を間もなく発表することとなっています。

他にどこが合法ですか?

合法の場所は多くありません。カナダは世界で2番目の国であり、G7の中では最初の合法化国となりました。2013年12月、ウルグアイはマリファナの生産、販売、消費を合法化した世界最初の国となりました。 アメリカとコロンビア特別区の9州で嗜好品用のマリファナの使用が認められています。医療大麻は、州議会会議によると、30州で何らかの形で合法となっています。大麻産業は2017年にアメリカで約90億ドルの売り上げを出しました。この売上による収入はスナックバー業界全体と同等になります。 カナダでは合法化となりましたが、まだまだ未知な部分が多い為、カナダ政府もしばらくは様子を見ながら適用させていくことになるだろう。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート