大麻合法化の花火
大麻合法化の花火

2018年に大麻の法律を変えた国々!合法化の波は止まらない​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

2018年は医療目的と嗜好品と両方の観点から大麻の合法化にとって大きな年となりました。以下は、2018年に大麻使用の賛成し、法律を変更したすべての国のリストです。

ギリシャ

3月1日、ギリシャは医療用マリファナの耕作と加工を許可する新しい法律を承認しました。最初のライセンスは11月19日に発行され、別のライセンスは今年末までに発行されます。ギリシャの医療マリファナ禁止措置は、主に輸出に向けられているかもしれないが、大麻の助けを借りて病気を治療しようとしている国の患者にも役立ちます。

ギリシャの副大臣Stergios Pitsiorlasによると、大麻の飛行日目的の利用に有利な法律の変更は現在検討中ではない、とのことです。

ギリシャでは大麻の使用と栽培は1890年以来、犯罪とされていました。

韓国

韓国では大麻に関して、今年まで非常に保守的であったため、医療用大麻の合法化は驚くべきものとなりました。11月23日、国会は医療マリファナの麻薬取締法を承認しました。マリファナは今や国務院によって審議され、大統領によって署名されなければなりません。

韓国は医療大麻を合法化する東アジアの最初の国となりました。韓国、てんかん、HIV、癌など、まれな疾患や非常に重度の疾患を持つ患者を支援を努めようとしています。

しかし、大麻の嗜好品としての利用は、わずかな量の所持であっても投獄につながる可能性があるため、依然として韓国政府によって非常に厳格に起訴されています。

ルクセンブルク

ルクセンブルクの連立政権政府は、近い将来、嗜好品用の大麻を合法化すると発表しました。医療マリファナはすでに2018年6月に合法化されており、嗜好用途を追加することで、ルクセンブルクは大麻を完全に合法化するEUの最初の国になります。

新連合のための契約交渉はまだ進行中ですが、民主党、ルクセンブルグ社会主義労働者党、グリーンズの3つの政党すべてがこの問題に同意しました。それが新しい法律が成立することになっている理由となります。

カナダ

10月17日は、カナダ市民のためだけでなく、マリファナ業界全体にとって重要な日となりました。その日、大麻の嗜好目的の利用を合法化する主要な世界経済国の中で最初の国となりました。そして、2013年に合法化されたウルグアイに次いで世界で2番目に合法化された国です。成人は、今や連邦認可の生産者から大麻を購入し、使用することができるようになりました。医療大麻は2001年7月に合法化され、大麻の安全かつ規制された使用に対する寛容の先駆けとなりました。

メキシコ

メキシコは、10月31日に非商業的な大麻であれば、娯楽目的での使用を違法行為とみなさないことを公式に宣言した。この問題に関する規制は、この判決につながる何年もの間、絶え間ない変化を遂げました。2009年には、少しの所持が非犯罪化され、2017年に大麻の医療目的の使用が合法化されています。

メキシコの最高裁判決は、「特定の物質が規制されているかもしれないが、この権利は絶対的ではなく、大麻がもたらす効果は使用の絶対的禁止を正当化するものではない」と述べました。

南アフリカ

9月18日、南アフリカの最高裁判所は大麻の私的使用を合法化し、薬物を犯罪化するのは「違憲であり無効である」と述べた下院法廷判決を肯定しました。マリファナの売買は、個人の住居外での使用だけでなく、法律によっても禁止されています。

大麻の栽培、所持、販売および使用は、1922年に修正された税関および消費税免除法の下で最初に禁止されました。

イギリス

世界最大の医療大麻輸出国であるにもかかわらず、英国は2018年11月1日に新法が発効するまで、市民に医療用マリファナの使用を禁止していました。医療大麻は1971年に約50年前に大麻の物質がより危険な薬へのきっかけとなるゲートウェイとして禁止されていました。

現在、医療用大麻製品は「例外的な臨床的必要性」を有する患者に対して利用可能ですが、THCが0.2%以下のCBDオイルは医師の処方箋なしで購入することができます。

アメリカ合衆国

北アメリカでは大麻の使用と生産に関する方針が今年大きな変化を遂げました。マリファナはしばらくの間、話題の中心となっており、アメリカでの採決は嵐のようでした。今年、議会で大麻の法律を変更した米国の州のリストは次のとおりです。

ニューハンプシャー州

1月9日、嗜好品用マリファナを合法化することに合意しました。所持に関して合法化をしましたが、販売に関しての法案は、今後の公聴会のために歳入委員会へ送られました。

バーモント州

マリファナを合法化を進める投票の議案提出案が通らなかった、最初の州でしたが、興味深いことに知事によって署名された州議会の条例によって、2018年1月22日に大麻所持を合法化しました。

アラスカ州

4月13日に産業用の大麻栽培を合法化しました。それにより、マリファナの重要性を示す非常に自由主義な立場になりました。大麻は2014年以来合法であり、アラスカはコロラド州とワシントンに続いて米国で嗜好品用大麻を合法化する第3の州になっています。

イリノイ州

嗜好目的の利用は非犯罪化とされながらも、まだ違法です。ただし、医療大麻は合法です。2018年8月現在、医療用マリファナの申請者に指紋を捺印する必要がなくなり、犯罪歴のチェックを受けないようにする法案が可決されました。

ミシガン州

11月に、嗜好品用の大麻を合法化する提案を有権者が承認しました。法律は2018年12月6日に施行され、規制された店舗は2020年に開設される予定です。

ミズーリ州

2014年、少量の大麻の所有を非犯罪化することにしましたが、この法律は2017年まで有効ではありませんでした。2018年11月6日、医療大麻の合法化、規制および課税を承認しました。

ニュージャージー州

2018年11月26日、議員は、2019年1月に知事のフィル・マーフィーによって署名される、法案S-2703の承認を得て、彼の政権となってから100日以内に嗜好品用大麻の合法化の支援を行う約束を示しました。この新しい法律では、大麻へのアクセスを拡大し、軽度のマリファナ所有によって犯罪記録を持つ人々に利益をもたらします。

オクラホマ州

医療用マリファナが2018年6月26日に合法化され、「オクラホマ産業大麻の農業試験プログラム」に基づく麻の生産は、2カ月前に知事によって法律に署名されました。

ユタ州

末期患者は知事が2月に法制化HB 195法案に署名したため、医療大麻の使用が許可されています。今年中期選挙投票では、有権者は医療大麻の申請に必要な条件のいくつかを調整しました。さらに、マリファナ入りの食べ物(大麻食品)と喫煙は禁止ですが、オイルや気化(Vape)のような他の消費手段は許可しています。

ジョージア州

ジョージア州の厳しい麻薬対策政策が7月30日に終わりました。それまでは、マリファナの違法行為に対する刑罰は最大14年間の投獄でした。ジョージア憲法裁判所による新たな判決の結果、所持と使用は現在合法であり、販売と栽培は禁止されています。

結論

大麻の世界的な導入は、2018年には例外的な成長を見せています。

タイやフィリピンのような多くの国々は、依然として大麻に関する公表が責任ある政府機関によって承認される必要があるため、このリストには含まれていません。しかし、大麻の使用と流通が利益につながる国の波は、今後数年間続くと予想されます。大麻は世界中で数多くの患者に大きな価値をもたらしていると同時に、国際的にも大きな人気を集めています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart