大量の大麻
大量の大麻

2種類の大麻栽培方法!屋内と屋外の栽培の違いはなに?

Share on facebook
Share on twitter

もしあなたが自分で大麻の栽培を始めてみようと考えているなら、屋内栽培と屋外栽培の違いはなんなのか?というのは最初に出てくる疑問の一つでしょう。

今からその疑問に答えていきます。

屋内栽培か屋外栽培、どちらが良いのかという疑問は大麻コミュニティの中で長年議論されています。もともと大麻は屋外で栽培されました。弾力があり、丈夫な植物であるため、ニックネームは雑草(Weed)と呼ばれています。1980年代以降は、禁酒とドラッグ戦争があったため、主に屋内で大麻栽培は行われてきました。しかし、過去数十年間の屋内栽培の増加に伴い、多くの大麻愛好家は屋内栽培された大麻が次のレベルに達していると信じています。合法化が世界を席巻している今、この長年の謎である「屋内栽培」対「屋外栽培」をもう一度見直してみる必要があるでしょう。

屋内栽培vs屋外栽培:環境はなぜ重要ですか?

大麻の屋内栽培と屋外栽培はそれぞれ長所と短所があります。屋内栽培のプロは環境を完全にコントロールしています。栽培者は、健康的な大麻の成長にとって最も重要な環境要因(光、温度、湿度、二酸化炭素)をコントロールして監視することができます。

屋外栽培では雨や風の影響によって温度、湿度が高すぎたり低すぎたりすると、大麻自体の生死に影響する可能性があります。しかし屋外栽培は、害虫から大麻を助けてくれる天然の捕食者がいるという利点があります。例えばテントウムシは、大麻に深刻な脅威を与えるダニを阻止してくれます。

屋内栽培と屋外栽培の両方の最良の性質を兼ね備えた第3の選択肢は、ビニールハウスでの栽培です。ビニールハウスは大麻に自然光を与えて、危険な要素から守ってくれます。

屋外栽培vs屋内栽培:質に違いはありますか?

従来の大麻の知識では、屋内で育てられた大麻は品質の面で優れていると信じるでしょう。コントロールされた環境は屋外栽培の環境と比べて、細かく手入れされたバッツを栽培することができます。

大麻が合法であり、バッツが成長するのに適した自然環境がある州では、「屋外栽培」の大麻企業が現れています。実際、オレゴン州のエメラルドトライアングル、カリフォルニア州、ウィラメットバレーのような場所では、大麻の天然テルペンとカンナビノイドを向上して、独特の風味豊かで強力なバッツを作り出すことが可能です。

また先ほど話したように、屋内管理のレベルが向上すれば、栽培者はバッツの大きさ、テルペンやカンナビノイドの生成を促進させることができます。例えば、大麻のライフサイクルの中で重要な時期に二酸化炭素を補充することは、バッツを大きくすることに役立ちます。

屋内栽培vs屋外栽培:コストはどちらが安いですか?

大麻の栽培は屋外でも屋内でも可能ですが、屋外での大麻の栽培は長期的に見ると安いです。屋内栽培は、2つの主な理由から、よりコストがかかります。

屋内の場合は、多くの設備とエネルギーを必要とします。扇風機やエアコンのような気候を調節する機械と強力なライトの使用で必要な電力はとてもコストがかかります。栽培をする地域の電気代と栽培する部屋の大きさによって変わりますが、この費用は時間の経過とともに大きくなります。

一方、屋外栽培の場合はその費用を避け、準備段階の費用を下げることができ、維持する事も非常に簡単です。ビニールハウスでの栽培は屋外栽培よりも準備にコストがかかりますが、スペースがあればやってみる価値があります。ビニールハウスでの栽培は大麻の質を高め、より価値のある商品にします。

屋外栽培の唯一の欠点は、ほとんどの地域で年に1回しか収穫ができないことです。屋内での栽培では、一年中、継続的に大麻を育成して収穫ことができます。ただ、いくつかの場所では、年間を通して屋外で大麻を栽培することができます。例えばコロンビアは、理想的な気候に加え、一年中12時間の夜と昼があります。その為、どの地域で栽培を行うかによって変わってきます。

屋内栽培vs屋外栽培:どちらが環境に良いですか?

屋外栽培は環境にとってとても優しいです。電気をほとんど必要とせず、屋内栽培されたものよりもはるかに炭素排出量が小さい。屋内栽培は、1日あたり12〜18時間のライト、ファン、気候調整などエネルギーを使う設備を必要とします。

屋外とビニールハウスでの栽培はさらに環境への負担を減らすための方法がいくつかあります。たとえば、カリフォルニアでは、雨水で節約して大麻の水分補給をしたり、水を使わない乾燥農法などの技術を実践する農家もいます。

しかし、ブラックマーケットによる屋外大麻の栽培は、規制されていない農薬やその他の化学物質を地下水に漏らすことによって環境に害を及ぼしています。この状況は、アメリカの西海岸で始まる「オーガニック栽培」に影響を与えました。屋外で大麻を栽培していても、持続可能で環境にやさしい栽培を実践することを考慮しなくてはいけない。

屋内栽培vs屋外栽培:どちらがより簡単ですか?

正直言って、初めての栽培であれば、屋内栽培も屋外栽培も簡単にはできません。しかし、屋外にスペースがある場合、屋内での栽培よりも全体的な苦労が少ない種類がいくつかあります。

屋外の場合は多くのトリミングが必要となったり、暴風雨等の自分ではコントロールができない環境要因の対策に苦労しますが、自然に育てられた大麻は屋内栽培のものよりもより丈夫で強く、病気に耐えることができます。屋内の場合、部屋の温度、湿度、および光の品質を常に監視しながら、毎日害虫や病気をチェックする必要があります。

屋内栽培vs屋外栽培:どちらが収穫まで早いですか?

収穫までの時間を一番に考えている場合は、屋内での栽培を始めることをまずは検討するでしょう。一般に大麻は、屋内よりも屋外で育成する方が時間がかかります。それは植物が自然のリズムに従っており、時期に応じて成長しているからです。屋内栽培はあらゆる面をコントロールでき、季節や植物のライフサイクルもコントロールできます。つまり、開花を誘導する為に照明スケジュールを変更することができます。これは、実際の育成よりもより詳細に栽培をコントロールできることを意味しています。

屋外栽培は成長に時間がかかるかもしれませんが、屋内植物よりも大きく成長し、高い収穫量を生み出します。

屋内栽培vs屋外栽培については、両方とも賛否両論があります。あなたにとって最良の方法は、あなたのもっている資源と要求によって本当に変わります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart