大麻食品
大麻食品

12月にカナダで大麻食品が購入できる!?10月に規制が施行予定!​​

Share on facebook
Share on twitter

メディアの報道によると、大麻の食用および局所用製品は、12月中旬までにカナダの消費者に提供される予定です。製品を規制する規則は、カナダの保健省によって発表される予定であり、カナダが法案C-45の成立により大麻を合法化した1年後の10月17日に発効する予定です。当初の規制には、大麻のバッツとオイルの販売を許可する条項しか含まれていませんでした。

大麻の食用および局所用の新しい規制が10月に施行されれば、製造業者は製造を実行するために60日を与えられ、製品は12月に発売される予定となります。

CTVニュースに寄せられた情報筋によると、大麻食品のTHCの量を1パッケージにつき10ミリグラムに制限すると予想されることを明らかにしました。食料品はまた、包装や製品の形状の制限など、子供たちへの魅力を減らすための厳しい要件の対象となります。THCカプセルも新しい規制によって許可されることが期待されており、効力を1カプセルあたり10ミリグラムのTHC、および1パッケージあたり1,000ミリグラムのTHCに制限するであろうと予想されています。

大麻製品にはタバコ、ニコチン、またはカフェインの追加は許可されません。大麻を注入したアルコール飲料も許可されません。

大麻のパッケージは、子供向けの特徴や、デザートや菓子類を宣伝していない無地のラベルなどの要件が求められています。ロゴや有名人の推薦も制限されることが予想され、多くの大麻業界のインサイダーをリードして、製品のブランディングとマーケティングに挑戦するのは難しいかもしれません。

大麻会社Dosecannの最高経営責任者(CEO)であるグレッグ・ブーンはプレスリリースで、彼の会社は最終規則の発表を楽しみにしていると述べました。

「その規則は私たちの大麻食品または付加価値のある製品の生産につなげるでしょう」と彼は言いました。「目標は、このような種類の製品について全国に存在すると我々が考える市場を満たすことができるように在庫を構築することです。」

規制案は批判されている

昨年の12月に公開審査のために規制案の草案が発表されたとき、多くの大麻の消費者や企業は提案された規則に批判的でした。バンクーバーのBuddha Barnディスペンサリーの所有者であるジェシカ・ヴィラーノは、1食分あたり10ミリグラム以下のTHCしか許可されず、各一食分は個別に小児用安全包装で販売されなければならないという規則に反対しました。何人かの医療用マリファナ患者が毎日500または1,000ミリグラムのTHCの用量を服用しており、ヴィラーノはすべてを包装するコストが圧倒的になることを恐れています。

「カナダ保健省は環境上の悪夢を生み出していると感じています」とヴィラーノは言います。

大麻食用品メーカーZenabis Global Inc.のCEOであるアンドリュー・グリエヴは、彼の会社は包装を減らすためにマルチサービング包装を製造する計画を持っていたと語りました。

「私達は包装を全体的に減らすために本当に懸命に働いていました」とグリエヴは言いました。「私たちはその点で進歩を遂げてきました。企業の社会的責任の観点から、我々は可能な限り包装を減らすことが非常に重要であると思います。」

食料品会社Treats and treatsのヤンニック・クレイグウェルは、大麻製品の過剰規制が違法市場の存続を可能にすることを恐れていると述べました。

「ニーズがあれば、人々はそのニーズを満たすでしょう。 そのニーズを満たすことで経済的な見返りがあることが、闇市場の全体的な前提条件です」とクレイグウェルは述べました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter