大麻個人事業主
大麻個人事業主

11人の上院議員が大麻企業への経済的支援を求める書面を国会議員の幹部に送付

Share on facebook
Share on twitter

アメリカの11人の上院議員が、認可を受けた大麻企業の経営者が中小企業局(SBA)で利用可能なローンやその他の経済的支援を受け取れるよう要請する書面を、国会議員の幹部に送りました。

 

上院議員が送った書面内容

過去10年間で、米国における大麻の合法化を支持する方向への世論の明確な変化がありました。アラスカ州、カリフォルニア州、コロラド州、イリノイ州、メイン州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ネバダ州、オレゴン州、バーモント州、およびワシントン州を含むいくつかの州では、大麻の娯楽的および医療的使用を合法化しています。州は2018年に大麻の合法的な販売から推定13億ドルの税収を回収しました。ただし、SBAの現在のポリシーでは、大麻の使用、栽培、強化、またはその他の開発を支援する「直接的」、「間接的」の製品またはサービスを提供する中小企業はSBA支援の融資対象から除外されています。その結果、何らかの形で大麻が合法な州の中小企業は、SBAローンプログラムの資格を維持するか、急成長している合法産業と取引するかを選択する必要があります。

ちょうど2週間前、「ヘンプおよび麻由来の製品を生産または販売する事業(2018年の農業法、公法115-334)を除いて、大麻関連事業はSBAが資金を提供するサービスの対象にはなりません。」と行政の代表は認めました。

上院議員は、「SBAローンプログラムをすべての大麻中小企業が利用できるようにすることを強く支持します」と書面の最後に記しています。

この書面では、これらの変更を従来の歳出プロセスの一部として行うことを具体的に求めていますが、もう1つの方法は、COVID-19の流行に対処するために次の予想される法案に立法文を含めることです。中小企業を支援するために数千億ドルがSBAを通じて発行され、危機と経済に対する前例のない連邦政府の支援が必要とされるこの時期には、時間が最も重要です。そのため、NORMLは最近発行されたポリシーメモにSBAアクセスを含めることを求めています。

COVID-19の流行の前は、NORMLは議会の同盟国と協力して、「HR 3540:全中小企業のための安全な資本の確保」、「HR 3884 / S 2227:大麻の機会、再投資、および抹消法」など「中小企業管理局が大麻関連の合法的なビジネスまたはサービスプロバイダーであるという理由だけで、適格な事業体に特定の中小企業向け融資を提供することを拒否することを禁止する」いくつかの法律を進めてきました。

州が認可した大麻産業は、24万人以上のアメリカ人労働者を雇用しており、石炭産業の4倍以上のアメリカ人労働者を雇用しています。これらのビジネスの大部分は、小規模から中規模の企業です。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート