大麻 所持
大麻 所持

1日100gの大麻を使用する患者に、1kgを所有する権利が与えられる!​

連邦裁判所は、150グラムの規制上限が憲法上の権利を侵害していると判断して、医療大麻患者に一度に1キログラムのマリファナを所有する権利を認めました。

医師が1日量100グラムの服用を許可しているアランハリスは、150グラムの制限が行動範囲を妨げており、また非常に経済的なコストがかかると主張しました。

この上限により、彼は一度に1日半以上家を出ることを妨げられ、安い一括配送ではなく、少量の大麻を複数回に分けて注文しなければならず、より高い配送料を支払うようになっていました。

金曜日に出された彼の判決で、ヘンリーブラウン判事はハリスの権利が侵害されたと述べました。

「事実上、ハリスは、不十分な累積総所有限度のせいで逮捕されてしまう環境下にある」と彼は述べました。「これについては、不義理です…」

この判決はハリスに免除を与え、彼はいつでも10日間分の補給品を所有することができるようになるため、保有可能な総量は1キログラムになります。

ブラウンは、ハリスが消費することを許される量が「異常に多く」、月におよそ3キログラムであると指摘しました。判決によると、ハリスは病気の性質やなぜそんなに多くの医療大麻を必要とするのかを述べませんでした。しかしブラウンは彼の健康上のニーズを満たすために必要な量が「裁判所ではなく、処方する医療専門家の決定」であると主張しました。

大麻の活動家ジョディエメリーは、1キログラムで約200本の小さなジョイント、または約100本の大きなジョイントを作ることが可能であると述べました。

大量の処方薬は通常、大麻食品を作る為やその他の消費方法を行う為に相当量の乾燥大麻を必要とする患者のためのものです、と彼女は言いました。

エメリーは、医療用大麻の所持や輸送には制限があるべきではないと考えていると述べました。

「攻撃を受けている」医療用大麻

「医療大麻は何十年にもわたって政府による攻撃を受けてきており、患者が有害で不当な大麻禁止法から保護を与えられるのは裁判所を通してのみである」と彼女は述べました。

ユルゲンレーム博士は、中毒精神保健センターの上級科学者です。患者に10日間の薬の供給を許可することには何の問題もないが、連邦政府は規制を再検討し、「他の薬と同じように医療大麻の精査を開始するべきだ」と述べました。

「現在、医療大麻法の規制はめちゃくちゃだ」と彼は言いました。「(この場合の)大麻の量が非常に多いように思われるが、これ以外のどんな薬でも10日間の供給を許すことで問題を引き起こすことはありません。そして、カナダではこのようなケースはほとんどないので、私は問題ないと思います。」

マリファナ事件を専門とするトロントを拠点とする弁護士、ジャックロイドは、所有制限を「任意」としています。

彼は連邦裁判所の判決に満足していると述べましたが、病状を持つ人々のためのクラス免除を見たいと付け加えました。

「この問題が発生するたびに訴訟を起こすことは、最も影響を受ける人々を疲弊させることになります。その多くは慢性的な病気であり、特に長い裁判手続きを経る必要がある場合には守ってあげることができません。」

カナダ保健省の広報担当は、「公的所有量と出荷の制限はすべて大麻法とその規則の下で有効である」とだけ言って、裁判所の判決についてコメントしませんでした。

レクリエーションマリファナの所持制限は30グラムです。

規則の範囲外での所有、生産、頒布および販売は、罰金から14年の懲役刑までの範囲の刑事罰につながる可能性があります。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter