医療用大麻患者の少女
医療用大麻患者の少女

13歳の少女が大麻支持者!?希少な病を大麻で治療し、NPOも立上げ!​

Share on facebook
Share on twitter

Rylie Maedlerは、巨細胞性肉芽腫という希少な病気を患っています。それは発作を引き起こし、痛みを伴い、彼女の顎で成長する腫瘍です。 彼女は人生の半分の間はその状態に苦しんでいました。しかし医療用マリファナのおかげではるかに状況はよくなりました。

彼女が鏡を見て、異変に気付いた後、Rylieは肉芽腫と診断されました。

「小学校2年生で、私の顔は大きくなり始めました。そしてどんどん、大きくなってきたので、私の母は私を病院に連れて行くことに決めました」とRylieは言いました。「私はとても不快で、鏡の中の私の顔を見ると本当に悲しくなりました。」

従来の治療法でRylieの状態を管理しようとした数年後、母親のJanieは、潜在的な副作用を心配していた為、治療法として考えていなかった大麻に目を向けました。 しかし、医療用マリファナは望んでいたもの以上にうまくいきました。 Rylieの発作は止まり、彼女の腫瘍は縮小しました。そして腫瘍は再び成長する兆候がありません。医者が抜け落ちそうであると言った彼女の新興の歯でさえ、今は強くて健康的です。

「大麻オイルによって、私はとても気分がよくなりました」とRylie氏は述べました。

今、Rylieは他の幼児が命を救うことができる医療用マリファナの利用を手伝うために戦っています。 彼女はすでに、デラウェア州議会を通じて3つの法律を推進し、子供の薬物治療へのアクセスを大幅に改善しました。

「私の母が私に大麻をくれたのは違法でした」とライリーは言いました。「大麻は私の気分を良くさせたにも関わらず、なぜ他の子供たちが大麻を手に入れることができなかったのか理解できなかったので、私は他の子供たちを助けたいと思いました。」

彼女はまた、病気の子供の家族が医療のためのマリファナを手に入れることを手助けしながら経済的な負担を軽減する非営利会社も始めました。

「良質で手ごろな価格の薬を彼らに渡したい」とRylieは語っています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート