大麻 学生 喫煙
大麻 学生 喫煙

高い学力の学生は、大麻を使用する可能性が2倍!?新しい研究結果!​​

Share on facebook
Share on twitter

ロンドンのUniversity Collegeによって行われた9年間の研究では、賢い子供たちがマリファナを吸う可能性が高いことを発見しました。

ジャーナルBMJ Openで発表されたこの研究は、「高学歴の11歳はタバコの喫煙の減少と関連していますが、アルコールを定期的に飲む危険性と大麻使用の増加とも関連しています。」

研究者らは6,059人のイギリス人学生のデータを分析し、より高い学力を持つ学生は、低いスコアを持つ学生と比較して、定期的に大麻を吸ってアルコールを飲む可能性が2倍高いことを見出しました。

「これらの関連は成人期初期まで持続し、高い学力が一時的な物質使用の「実験」と関連しているという仮説に反する証拠を提供しています。」研究者たちは、より明るい子供たちはより好奇心が強いと考えています。

しかし、同じグループの子供たちがタバコを吸う可能性は低く、研究者らは中流階級の親がタバコ使用の危険性について警告しているためだと考えています。

BMJ Openジャーナルに掲載されたこの研究によると、賢い子供たちは、10代後半から18歳から20歳までの間に大麻を吸う可能性が高くなります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter