食用大麻とジョイント
食用大麻とジョイント

食用大麻と大麻喫煙の5つの大きな違い!​

Share on facebook
Share on twitter

もし大麻について詳しいなら、大麻植物を消費する方法によって、異なった影響を得ることができるということを知っていると思います。

食用とバッツの両方が同じ大麻植物から作られている一方、大麻が作り出す効果は異なっています。また消費方法の違いは大麻消費者の中でもグループを作り出します。食用、喫煙、両方の組み合わせを楽しむ人もいますが、ほとんどの人は一つの方法を選びそれに固執します。年配の方は食用を好む人傾向があり、このオプションを選択すると、面倒なことや喫煙による損害を避けながら強力な結果が得られます。ジョイントを吸う人はそれほど多くの専門知識や計画を必要としないため、気軽に短い時間で効果を楽しむことができます。

THCについて

大麻を吸うことは鮮やかな公園を散歩するようなものですが、食用として摂取することは爆弾を食べるようなものです。この悪い隠喩の背後には科学的な説明があります。Green Entrepreneurによると、大麻が摂取されるとTHCは肝臓によって代謝され、11-ヒドロキシ-THCに変わります。この化合物は血液脳関門を通常のTHCよりも最大4倍速く通過します。これが、食用が強烈で生き生きとした経験をもたらす理由と関連しています。

異なった適量

食用の投与量は非常に複雑であるため、より経験の豊富さ必要とします。自分で食用大麻を作り、食品の適量を探ったことがある方なら、言っている意味がわかるでしょう。

合法的な市場では、10mgが一般的に軽度の効果をもたらす食用の標準的な用量です。耐性と経験を考慮に入れることが重要です。

効果が出るまでの時間

吸引した大麻の効果が出るまで10〜20分かかります。効果が消え始めるには1時間ほどかかります。食用の場合は、効果が出るまで30分~2時間かかります。そしてその影響は数時間持続します。食物を摂取するときに用量と経験がとても重要であるのはこのためです。

さまざまな効果を生み出す

食品の過剰摂取はバッツの過剰摂取と同じではありません。後者は気分を良くするために30分間の昼寝を必要とするかもしれませんが、大量の食用を摂取すると本当に不愉快な時間が続く可能性があります。前述のように、食用の効果は長期間持続します。過剰摂取した場合、しばらくの間ひどい気分になるでしょう。

長所と短所があります

大麻を吸引する方が管理や制御が簡単ですが、喫煙を好む消費者の場合は、喫煙による悪影響を常に考慮する必要があります。その一方で、食用は制御が困難ですが、健康に悪影響を与えることは多くありません。現在では、おいしい大麻サラダと大麻コーヒーのレシピがたくさんあり、甘いおやつとして料理をしなくてもよくなっています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter