CBD oil
CBD oil

食品医薬品局がCBD製品の禁止を「馬鹿げたゲーム」と言及!

Share on facebook
Share on twitter

食品医薬品局(FDA)のコミッショナーであるステファン・ハーン氏はカンナビジオール(CBD)を含む製品は生活の一部として定着していることを認め、CBD製品を市場から追い出そうとするのは「ばかげたゲーム」だと述べました。

12月にコミッショナーに就任した医師でもあるハーンは「人々はこれらの製品を使用している」と、就任以来の最初の公のスピーチでCBDに関して述べました。「我々はこれらの製品を使用してはいけないと言うことはできません。更にそれを追い詰めようとするのは馬鹿げています。」

2018年の農業法案の可決以降、ヘンプとその派生物はアメリカで規制が始まり、合法化されてきましたが、CBDのマーケティングを管理するポリシーに関しては曖昧なところがあります。FDAは、企業が食品または栄養補助食品として大麻化合物の注入製品を販売できるようにするルールを策定中です。

しかしこの規制ルールに関して、ハーンの前任者である元FDAコミッショナーのスコットゴットリーブは議会でアクションが起きず、何年もかかる可能性があると述べています。

ハーンの最新のコメントは、FDAは消費者内でのCBDの流行を良しとはしていませんが、少なくとも機関は業界全体の即時の取り締まりを計画していないことを示唆しています。

「我々はこれらの製品に何らかの価値があるかもしれないという事実に心を開かなければなりません。しかし、私たちは消費者が正しい決定を下すのに役立つ情報を得たいと思っています。」とFDAのトップは述べました。

議会が2014年にヘンプ栽培の制限を解除し始めてから、3つの州を除くすべての州がヘンプの生産を規制するために米国農務省(USDA)に計画を提出し、ケンタッキー州などの州は有望な商業作物としてヘンプを受け入れました。

昨年、ハーンがFDAの指揮を指名された後、上院の多数派リーダーであるミッチマッコネルは、CBD製品の規制の枠組みを確立する必要性を彼に促しました。

「ヘンプの合法化を利用している多くのケンタッキー人のように」と、ミッチマッコネルは「私はCBD製品の確実性を作成するFDAの計画に意欲的です」と述べました。

しかし先週、政府機関は、CBD製品に関する施行ガイドラインの開発に関する最新情報を提供するための年間支出法案に添付されたレポートに記載されていた期限を逃してしまいました。

一方、議会は、麻由来のCBDを許可および規制するための個別の措置を講じています。先月提出された超党派の法律は、カンナビノイドを栄養補助食品として販売することを可能にします。

CBDの規制はまだ確定していませんが、政府の執行措置はまれであり、予測不可能な場合があります。FDAは、CBDの健康上の利点について、非公式で支持されていない主張をしている企業を対象に、その裁量権を使用していると述べています。

また、農業イベントで、USDAの事務局長は、麻薬検査機関がDEAに登録するための機関の要件を遅らせることを発表し、USDAは、THCが多すぎる作物の処分に加えて、その規則の実施を一時的に停止することを明確にする通知を発行しました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート