大麻とCBDとパイロット
大麻とCBDとパイロット

連邦航空局がパイロットによる大麻とCBD使用の方針を明確化!​

連邦航空局(FAA)は最近、THCが陽性であることをテストで判明したパイロットは、たとえCBD製品中に入っていた微量のTHCであっても、合法的な州で大麻を使用していても、特定の認定から失格とすることを明確にする勧告を出しました。

諮問委員会は、FAAが「医療および娯楽目的での使用を承認した州の数が最近増加したため、大麻に関する多数の問い合わせを受けた」と述べています。

機関はパイロットが特に無毒なCBDの規則を学ぶことに興味を持っていると言いました。

それに応じて、FAAは、大麻は連邦レベルでは違法であり続けており、米国運輸省はTHCの存在についてパイロットを薬物検査し続けていると述べました。

CBDに関しては、食品医薬品局(FDA)が承認したCBD薬Epidiolexとは異なり、商業的に入手可能なCBD製品は誤ったラベルが付けられており、薬物検査で検出できるレベルのTHCが含まれている可能性があります。

「製品ラベルは不正確な場合が多い」と同機関誌FAA Safety Briefingに掲載された速報は述べています。「ほとんどのCBD製品は0.3%未満のTHCを持っていると主張していますが、それらは薬物検査を陽性にするのに十分なレベルのTHCを含む可能性があります。CBDオイルの使用は、陽性薬物検査に対する肯定的な抗弁として認められていません。」

FAAは大麻の健康上の利点について疑問を投げかけ、研究は不十分で、現在の大麻製品は以前にテストされたものよりも強力であり、そして特にマリファナの使用は脳の発達を損なうことがあると主張します。

「我々は航空会社の証明書保有者にマリファナとその派生物を使用することを検討する前に、さらに理解を深める必要があります」と同局は述べています。「医療用マリファナで治療される病状に対して特別な発行は認められていないことにも注意してください。」

昨年の麻およびCBDのようなその派生物の連邦合法化は、複数の連邦機関に彼らの麻薬政策を明確にするよう促しました。

米国郵政公社は先週、提供者が製造した製品がテストされ、州および連邦の要件を満たしていることを証明する記録を保存している限り、麻製品を郵送できることを発表しました。5月に運輸保安局は、乗客は麻製品をフライトに持ち込むことができると説明しました。米国特許商標庁は、麻ブランドが登録の資格があることを明らかにしました。そして、米国農務省とFDAの両方が、作物に対する規制を策定するにつれて最新情報を共有しています。

3月、国会議員の超党派連合は、合法的な州で、連邦労働者がTHC陽性テストだけが要因で解雇されるのを防ぐための法案を導入しましたが、その法律は最高機密の許可を必要とする立場を含む特定の立場を除外しました。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter