大麻 助成金
大麻 助成金

連邦政府がオピオイドの代替として大麻成分の研究に3億円の助成金!​​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

連邦政府は、THC以外のマリファナの成分の治療効果の研究のために300万ドルの助成金を授与し、処方オピオイドの代替としての可能性を強調しました。

9月19日に木曜日に公開された通知で、国立衛生研究所(NIH)は、研究がなぜ必要であるかを説明し、助成金の受領者と調査対象をリストしました。これには、ニューヨーク大学医学部が率いる関節炎の痛みに対するCBDの使用に関する研究が含まれます。

「慢性疼痛の治療は、中毒や過剰摂取の可能性、および長期使用するとうまく機能しないことが多いという事実にもかかわらず、オピオイドに大きく依存しています」と、National Center for Complementary and Integrative Health (NCCIH)の所長、ヘレン・ランジュバンはプレスリリースで述べました。「より効果的で安全なオプションが緊急に必要です。」

合計9件の助成金が発行され、NIHは資金が痛みの代替治療オプションを特定し、CBDや他のあまり知られていないカンナビノイドや大麻植物で見つかったテルペンなどの大麻化合物の摂取の影響に関する情報を提供すると述べています。

「大麻植物には110を超えるカンナビノイドと120を超えるテルペンが含まれていますが、広く研究されている唯一の化合物はTHCです」とプレスリリースは述べています。

しかし、THCは特定の種類の痛みを治療することが知られていますが、NIHはその精神活性効果により医療への適用が制限されることを懸念しています。

「THCは痛みを和らげるのに役立つかもしれませんが、鎮痛剤としての価値は、その精神活性効果と乱用の可能性によって制限されます。」とNCCIHの副ディレクターであるデビッドシャートレフは言いました。「これらの新しいプロジェクトは、THCの不利な点を持たない大麻の物質を調査し、その基本的な生物学的活性と痛みを和らげる潜在的な作用メカニズムを調べます。」

NIHは、昨年、マイナーカンナビノイドとテルペンの研究のための助成金を発行することを最初に発表しました。

THC以外のマリファナ化合物について学習することに関心がある機関は、連邦保健機関だけではありません。水曜日に、上院委員会はCBDとCBGの研究を要求する支出報告書を発行し、そのような研究を禁止するための連邦政府の薬のスケジューリングシステムも批判しました。

連邦政府のカンナビノイドおよびテルペンの研究助成金の説明を以下でご覧ください。

CBDを介した鎮痛効果のメカニズムと最適化
ボストン、ボストン小児病院、 Zhigang He、Ph.D.、B.M。、およびJuan Hong Wang、Ph.Dが行う、このプロジェクトでは、カンナビジオール(CBD)およびその他のマイナーなカンナビノイドの鎮痛効果が、ほとんどのニューロンで発現する塩化物押出機である塩化カリウム共輸送体2(KCC2)の活性によってどのように調節されるかを調査します。 (助成金1R01AT010779)

炎症性および神経障害性疼痛における小カンナビノイドの神経免疫メカニズム
カリフォルニア大学サンフランシスコ校でジュディス・ヘルマン医学博士、およびマーク・A・シューマッハ医学博士が行うこのプロジェクトでは、TRPV1と呼ばれる末梢受容体およびカンナビノイド受容体であるCB1Rとのカンナビノイドの相互作用に焦点を当て、イン・ビトロおよびイン・ビボで炎症性および神経因性疼痛に対するマイナーカンナビノイドの影響を調査します。 (助成金1R01AT010757)

マイナーカンナビノイドとテルペン:鎮痛薬としての前臨床評価
ノースカロライナ州リサーチトライアングルパークのリサーチトライアングル研究所でジェニー・L・ワイリー博士が行うこのプロジェクトでは、精製された生合成マイナーカンナビノイドと選択されたテルペンのみを、計画された組み合わせで評価し、急性の熱、炎症、神経障害、内臓痛に対する鎮痛剤としての潜在的な有効性を判断します。 (助成金1R01AT010773)

慢性関節炎の痛みに対するCBDの作用機序の特定
ニューヨーク大学医学部、ニューヨーク市でユーシン・ディン博士が行う、このプロジェクトでは、神経画像研究と行動評価を使用して、マウスモデルの変形性関節症に伴う慢性疼痛の調節におけるCBDの作用メカニズムを調査します。 (助成金1R21AT010771)

疼痛経路の化学的操作のための合成生物学
テキサス大学でオースティン。アンドリュー・エリントン博士が行う、このプロジェクトでは、新規の方法を使用して、マイナーカンナビノイドとの高い親和性と相互作用するカンナビノイド受容体2型(CB2)の個々のバリアントを進化させ、マウスモデルで新しい痛みのバリアントを評価します。 (助成金1R21AT010777)

プロトン磁気共鳴分光法を使用したカンナビジオールの鎮痛効果の根底にあるメカニズムの調査。
ユタ大学、ソルトレイクシティでデボラ・A・ユルゲルン・トッド博士が行う、このプロジェクトでは、プロトン磁気共鳴分光法(1H-MRS)を使用して、CBDに富む大麻抽出物の短期投与後の重要な疼痛処理領域の脳化学の変化を評価します。 (助成金1R21AT010736)

ホップからのテルペン強化抽出物の鎮痛効果の機構的研究
アトランタのエモリー大学でカサンドラ・L・クエイブ博士が行う、このプロジェクトでは、学際的なアプローチを採用して、大麻と密接に関連し、テルペンのプロファイルが非常に似ている植物であるHumulus lupulus(ホップ)のテルペンの鎮痛効果を調査します。 (助成金1R21AT010774)

疼痛受容体を伴うまれなカンナビノイドの系統的調査
イリノイ大学アーバナシャンペーン校でデビッド・サーラ博士が行う、このプロジェクトでは、いくつかのクラスの希少なフィトカンナビノイドを合成し、それらの抗炎症能を系統的に評価し、痛みの感覚に関与する主要な受容体に対する最も強い抗炎症能を持つ化合物の効果を調べます。 (助成金1R21AT010761)

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu