退役軍人を助けるために退役軍人によって設立されたCBD会社!

退役軍人を助けるために退役軍人によって設立されたCBD会社!

麻由来のCBD製品は、現在のオピオイドの摂取を減らすために、多くの退役軍人が中毒性のない非向精神性の代替薬として役立っていると伝えられています。

CBDがオピオイド依存症の治療と回復に役立つ可能性があることが研究によってわかっています。調査によると、CBDには、音や人などが原因となって引き起こされる「心拍数とストレスホルモンのレベルを下げることで、患者が環境に起因する薬物の渇望や不安に対処するのに役立つ可能性」があります。

Warfighter Hempは、退役軍人に処方鎮痛剤の代替製品を提供し、痛みの管理、不安の軽減、生活の全体的な質の向上を支援したいと考えています。Warfighter Hempの使命は、処方鎮痛剤の流行に代わるものとしてCBD製品を提供することです。残念ながら、現在の退役軍人の自殺率は非常に高いです。

同社は、米国海兵隊の引退した中佐であるスティーブ・ダニルクによって設立されました。彼はオピオイドの乱用で苦しんでいる退役軍人の姿を見た時、仲間の退役軍人がPTSDに対処するためにはオピオイド以外の選択肢がなければならないと感じていました。

コロラド州最大のオーガニックヘンプファームで栽培された100%オーガニックヘンプから作られたWarfighter Hempのフルスペクトル製品には、さまざまなカンナビノイドとテルペンが含まれており、アントラージュ効果を促進します。同社は認定されたサードパーティのテストを使用し、製品の各バッチに分析証明書を提供することにより、製品中のカンナビノイドの量についての透明性を主張しています。 Warfighter Hempの製品には、チンキ剤、カプセル、パッチのほか、局所ローション、入浴剤、日焼け止め、さらには蜂蜜製品が含まれます。

記事をシェアする
Close Menu