| | |

蒸気喫煙と食用大麻の売上が上昇!ジョイントとボングは消える?​

何年もの間、大麻を摂取する一般的な方法は、ジョイント、パイプ、ボング、または葉巻による喫煙ですが、蒸気を吸うことや食用としての使用が増えています。

消費者が大麻を入手する方法は、年齢、趣味、健康上の問題、あるいは住所によっても異なります。

ArcView Market Researchの報告によると、大麻濃縮物(蒸気を吸い込む方法)の売上高は、2017年から2018年の間に50%近く急増し、2022年までに84億ドル(約9400億円)に達すると予測されています。また、2022年までに米国とカナダの年間売上高は41億ドル(約5000億円)に達すると予想される。

Arcview Market Researchのデータおよび政府問題担当副社長、David Abernathyは「大麻濃縮物と大麻食品は、合法大麻市場で急速に市場シェアを拡大しています。」と述べています。

「しかし、市場規模も急速に拡大しており、合法的な大麻の売り上げは伸び続けている一方で、大麻のバッツが全体の売り上げの中でますます小さい割合になっています。」

Abernathyは、「他の摂取方法の相対的な便利さを好む消費者が増えるにつれて、バッツの販売は最終的には落ち込むだろう」と考えています。

地域による好みの変化

アリゾナ州テンペに住んでいるマルコは、大麻耐性がある為、Dab(ダブ)をよく使います。「私が最初に始めたとき、大麻バッツの喫煙しかしていませんでした。」とマルコは言いました。

しかし、彼は以前の消費方法が消えてしまうとは考えていません。「喫煙などはクラシックなものであり、摂取方法の選択しから外れることはありません」と彼は言いました。

メリーランド州ローレル出身の50歳の女性、スペンサーは10代から大麻を消費しており、最初はみんなに知られている一般的な喫煙よる摂取を選んでいました。

しかし、彼女はたばこを吸うのをやめてから、肺に優しく控えめな蒸気を吸い込む方法で摂取をしています。

消費者の選択を左右するのは、個人の好みだけではありません。大麻がまだ違法である州では、入手することが簡単なためバッツの喫煙は人気があります。

中西部出身の26歳の音楽教師、コートニーはオイル、ダブ、そして大麻食品に興味を持っています。しかし、彼女の州ではまだ大麻が違法なため、これらの製品を手に入れることができません。

「私の州がマリファナを合法化すれば、気軽にお店に行って必要なものを正確に選ぶことができるという便利さが、私の習慣を変えることになるでしょう。」と彼女は言いました。

「もし私が大麻の合法な州にいたら、大麻食品に切り替えると思います。肺の健康を気にしていますが、現在手に入れることができるのはバッツだけです。」

Abernathyによれば、大麻濃縮物と食用大麻販売の増加に加えて、プリロール(すでにジョイントの状態になっているもの)の販売も増加しています。「私は、ジョイントに火をつけて大麻を喫煙するという消費方法を好む人たちの人口は、常にあると思います。」と彼は言いました。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *