市販薬 大麻
市販薬 大麻

若い米国人は煙草よりも大麻を吸う可能性が高い、世論調査の結果!​

Share on facebook
Share on twitter

アメリカの成人は、タバコと同じくらい大麻を吸う可能性があり、新しいギャラップ世論調査によると、後者の消費量は75年ぶりの最低水準です。

事実、18歳から29歳までの成人の方はタバコよりも大麻を吸う可能性が高く、この傾向は今後のたばこおよび大麻産業に大きな影響を与える可能性があります。

1950年代の45パーセントの最高と比較して、現在はアメリカ人の15パーセントしかたばこを吸いません。

一方、約12%が喫煙大麻を報告しています。これは過去4年間とほぼ同じレベルです。

公衆衛生キャンペーンは、毎年50万人近くのアメリカ人の死亡の原因となっているタバコの危険性についての認識を広めるのに役立ちました。逆に、大麻の合法化運動は、大麻の治療上の利点を効果的に強調しています。

昨年とは別のギャラップ世論調査で、アメリカ人は大麻をタバコよりもはるかに害が少ないと考えていることがわかりました。

この最新の調査は、タバコからジョイントに切り替える事ことを直接提案しているものではありませんが、タバコは連邦政府で合法であり、ガソリンスタンドやコンビニエンスストアで広く利用可能であるという事実にもかかわらず、大麻市場がタバコ産業をすぐに追い越すことができると、人口統計的傾向を明らかにしています。

「しかし、たばこ業界の将来にとっておそらくより重要なのは、たとえ11州だけしか大麻が合法的でないにしても、若い人のが伝統的なタバコよりもマリファナを吸っていると報告していること」であり、「これは、30歳以上の大人とは対照的で、彼らは、大麻を使う人よりも、たばこを吸う人である可能性が高いのです。」

言い換えれば、若年成人がこの傾向を大きく後押ししており、今後数年間で国全体に影響が広がる可能性があることを示しています。18〜29歳の回答者の22%が、過去1週間で大麻を吸っていると答え、14%が当時タバコを吸っていたと答えました。30〜49歳の人々の人数は概ね反転しており、そのうち11%がマリファナを吸っていると答え、19%がタバコを吸っていると答えています。

7月1日から12日までの1,525人の成人に対する電話インタビューを含むこの調査には、大麻消費者に関するその他の興味深い人口統計情報が含まれています。

– 大学卒業生は、たばこを吸うタバコ(9%)よりもマリファナ(13%)を使用する可能性が高くなります。

– 大学を卒業した人と大学に通ったことがない人は、同じ割合(13%)で大麻を消費します。

– 男性はマリファナ(15%)と同じくらいタバコを吸う(15%)のに対し、女性はタバコ(15%)よりマリファナ(9)を吸う可能性がかなり低いです。

– 10万ドル以上の収入を持つ人々は、タバコの喫煙(5%)と比較して、大麻の喫煙(10%)が2倍。

「これらのパターンがどのように進化するかは、電子タバコを取り巻く規制環境、およびマリファナベースの製品の製造および販売における継続的な傾向に左右される可能性があります。」とギャラップ氏は、食品医薬品局(FDA)が最近電子タバコに対する規制当局の権限を取得したことに注目しながら述べました。

「その間、マリファナの合法化は州レベルで進行中であり、最終的には連邦政府の支援を得ることができるだろう」と調査は述べています。「同時に、麻(ヘンプ)ベースのCBDオイルの販売と使用の急増は、その医療上のアピールの一部を取り上げる一方で、マリファナの大量合法化と生産はその社会的訴えを妨げる可能性があります。」

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart