大麻の仕事
大麻の仕事

米国の大麻産業が24万件以上のフルタイムの仕事を創出!最多はカリフォルニア州

Share on facebook
Share on twitter

大麻に関する情報を提供したり、ディスペンサリーと消費者をマッチングするWebサイトのLeaflyの調査によると、107億ドルの大麻産業は、2020年の初めの時点で243,700件のフルタイムの仕事を生み出していることがわかりました。

連邦労働統計局は、合法マリファナによってサポートされている仕事の数を集計していません。しかしLeaflyは、大麻関連の仕事は年間15%の割合で増加しており、米国の他の産業で起こっている雇用の成長よりも速く成長していると結論付けています。

もっとも多くの仕事を生み出しているのはカリフォルニア州で、大麻産業の合法的な仕事が約4万件もあることがわかりました。

参考に上位10の州をご紹介します。

1位:カリフォルニア州  39,804件
2位:コロラド州     34,700件
3位:ワシントン州    23,756件
4位:オレゴン州     18,274件
5位:フロリダ州     15,598件
6位:アリゾナ州     15,059件
7位:ネバダ州      14,305件
8位:マサチューセッツ州 13,255件
9位:オクラホマ州      9,412件
10位:イリノイ州     9,176件

 

References: Leaflyなど

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter