| |

簡単に大麻家庭菜園をはじめる方法!(予算$500編)​​

前回に引き続き、大麻の家庭菜園を始める方法をお伝えしていきます。前回は予算$100の説明をしましたが、今回はもう一段階うえの、予算$500での栽培方法をご案内します。

このガイドは、シリーズとして3つの異なる価格設定($100, $500,$1,000)で3つの異なる栽培の方法をお伝えします。各パターンでは、気候のコントロールに必要なすべての要素が含まれており、組み立てに技術的な熟練を必要としません。

各プロジェクトに使用されるすべてのハードウェアは、Amazonで注文できます。これにより、インターネットアクセスができる場合、必要な部品を注文し、受け取ることができます。

中規模の栽培(Micro Grow):$500

この方法がおすすめな人は?

Micro Growは、一つのテントで栽培するのに必要な重要なポイントをすべて提供するように設計された、価値を重視したパッケージです。前回説明したNano Growよりも進歩しており、あらゆる成長スタイルに対応できる完全なシステムです。

この方法は小さな部屋やガレージスペースに最適です。高さ64インチのテントは、フサフサな品種を繁殖させるのに十分な余裕があります。大麻の高さ制限は35インチから42インチです。

この設定では、2〜4個の大麻栽培を推奨します。小さな自動開花品種を栽培したり、植物をより少ない時間で収穫するすれば、6つの植物を栽培することも可能です。

用意するもの:

  • 栽培テント:Casolly 32”x32”x64” Indoor Grow Room ($64.99)
  • デジタルタイマー:Century 7 Day Heavy Duty Programmable Digital Timer, Dual Outlet ($12.99)
  • 気候測定装置:AcuRite Hydrometer and Thermometer ($11.51)
  • ファン:Lorell 6” Clip On Fan ($13.99)
  • インラインファン:Growsun 4” Indoor Grow Exhaust Kit, Carbon Filter, Fan, Ducting ($119.99)
  • インラインファン:VivoSun 6” 240CFM Inline Duct Booster Fan ($20.99)
  • ファン制御システム:Growneer Variable Speed Vent Fan Controller ($11.99)
  • ライト:TopoGrow 315W CMH Grow Light Kit, 120v fixture w/ 3100k Bulb ($177.11)
  • アダプター:15 amp GFCI Grounded 5-Outlet Adapter ($28.40)

トータルの費用:$464.87

Nano Growとは異なり、この方法では、熱い空気を濾過し排出するように設計された完全な換気システムが組み込まれており、同時にきれいで冷たい空気も取り込まれるようになっています。さらに、タイマーはライトとカーボンフィルターの排気システムの両方を制御するために、デュアルアウトレットデジタルモデルにアップグレードされました。可変速換気ファンコントローラも最高の気候制御のために追加されています。

315ワットのCMH(セラミックメタルハライド)ライトは、広いオープンスペースのテント内で、空気の循環を最大限にするために必要な十分な熱を発生させることができます。

追記:

組み立て時間:〜1時間
必要な総コンセント数:4(5個を推薦)
組み立て場所:ガレージまたは部屋
推奨株数: 2~4株

道具について:

栽培テント:カソリ32インチx 32インチx64インチ屋内栽培テントは、より大きなスペースを提供し、Nano Growより多くの植物を栽培することができます。このテントには、適切な換気システムを設置するための複数のダクトポートがあり、監視が簡単にできる隠れ窓が付いています。

ライト:このビルドはTopoGrowから120v 315w CMH照明器具を備えています。CMHライトは、高圧ナトリウム(HPS)や金属ハロゲン化物(MH)などのHID固定具よりもはるかに少ない熱を放出します。3100kの電球を完備したこの備品は、栄養植物と開花植物の両方に役立つ範囲の光を生成し、途中ライトを切り替える必要がありません。

ファン、フィルター:CMHは競合他社よりも熱量が少なく、テントから熱い空気を取り除くために適切なダクト管や換気が必要です。この方法では、Growsun 4インチ屋内排気キットと6インチVivosun 240CFMインラインダクトブースターファンを組み合わせました。適切な換気を維持するために、ファン速度調節器が追加されました。さらに、6 “Lorellクリップオンファンは、植物の上部を通る空気の流れに使用されます。

メカニカルタイマー:デュアルアウトレットデジタルタイマーは、カーボンフィルターの排気および照明器具とのタンデム使用のために含まれています。

気候測定装置:Acurightデジタル温度計/湿度計は、天候の温度と湿度を監視し、気候調節の調整を容易にします。

空気循環装置: 315ワットのCMHは、テントの上部からの濾過を必要とする熱を発生させます。ダストテープとジップを使用して、6インチダクトブースターファンを天井の底に設置し、上部に4インチのカーボンフィルター排気システムを取り付けて、気流を上に向ける必要があります。テントの後部にカーボンフィルターを固定するために、頑丈なジップを使用してください。ダクトテープを使用してファンをフィルタに取り付けたり、フィルタをアルミニウムダクト管に取り付けることができます。ダクトを上部のポートに通し、ジップとダクトテープで固定します。

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *