市販薬 大麻
市販薬 大麻

科学者は大麻化合物がアスピリンよりも効果的であると考えている!?​​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

カンナビスサティバ植物が何百もの化合物を生産するにもかかわらず、たった2つのカンナビノイド(THCとCBD)が大麻の薬効と治療特性についての議論を支配しています。THCAおよびCBDA(THCおよびCBDの不活性酸性形態)は、大麻植物によって生産される最も豊富な化学物質であり、両方とも最も商業的に実行可能であり、最も研究が容易です。これらのカンナビノイドの潜在的な医学的応用を調査する研究は、多用途の治療的有効性を全身の炎症を軽減する能力に結び付け続けています。しかし、THCとCBDだけが抗炎症作用を持つ化合物ではありません。

実際、それらは大麻が提供できる最も強力な鎮痛剤でさえないかもしれません。その名誉は実際には「フラボノイド」という全く別の大麻化合物の系統に属しているかもしれません。ある特定の「スーパーフード」の健康上の利点を調べたことがある方は、フラボノイドについて聞いたことがあるかもしれません。いくつかの研究は、植物のフラボノイドがどのようにヒト(および他の動物)に抗酸化、抗癌および神経保護特性を与えるかを示しています。

大麻フラボノイドの健康上の利点を特定することは、とても重要です。他の部分ではフラボノイドと一緒に薬を作るために工夫を続けています。そして大麻植物中にかなり少量でフラボノイドが存在するという事実はその次のステップを特に困難にします。

しかし、最近の大きな進歩のおかげで、研究者たちは大麻植物がどのようにこれらの鎮痛性化合物を生産するかを考え出しました。それは製薬会社が歴史の中で最も安全で最も効果的な鎮痛薬を開発するのに一歩近づいたことを意味しています。

カンフラビンAとカンフラビンBの出会い:大麻で最も強力な鎮痛剤?

THC、CBD、およびその他の主要なカンナビノイドに加えて、大麻植物は専門の化学物質の多くを生産し、その化学物質は医学的および治療的用途に驚くほど多くの貢献すると研究者は信じています。これらの化学物質のうち、特に1つのグループは動物に実質的な抗炎症作用を生み出すようです。科学者はそのグループを「フラボノイド」と呼びます。

フラボノイドは事実上すべての植物に存在します。しかし1981年に、研究者たちは大麻特有の2つのフラボノイドを発見しました。名前は、カンフラビンAとカンフラビンBです。そして、すぐに植物研究者の間で関心が寄せられました。1985年の研究で、研究者らは、カンフラビンAとBがアスピリンよりも約30倍効果的な抗炎症効果を提供することを発見しました。そう、最も一般的な市販の鎮痛剤よりも30倍効果的です。

約20年後の2014年に、研究者らはアスピリンよりも優れた有効性を説明する研究を発表しました。彼らは、カンフラビンAとBが動物細胞の炎症を促進する2つの化学物質の生成を阻止するように作用することを発見しました。しかし、これらの重要な発見にもかかわらず、Cannabis sativaが実際にこれらの非精神活性カンフラビンをどのように合成したかに注目している人はほとんどいませんでした。それは、カナダのグエルフ大学の研究者チームを除いて、です。

研究の進歩が疼痛緩和薬に革命をもたらす可能性

合法化の拡大に伴って大麻研究に対する障壁が低下している現在、研究者はこれまで以上に広大な未知の大麻を探求することができます。他の植物やそれらの薬効成分についての理解と比較して、大麻についての知識はかなり遅れています。何十年もの間、研究者たちはフラボノイドの利点とそれがどのように作り出すかを研究してきました。しかし、私たちは、大麻に薬理学的可能性を与える独特で複雑な代謝経路を理解し始めたばかりです。
そして、その研究分野における最近の最も重要な進歩の1つは、カンフラビンAとBの生合成経路の解明です。言い換えれば、研究者はついに大麻植物がどのようにこれらのより強力なアスピリン化合物を作るかを理解する機会を得ました。

次に、もちろん、彼らは特許を申請しました。そしてその後、医療用大麻会社Anahit Internationalは、この特許のライセンスを取得し、市販の鎮痛剤製品をカンフラビンAおよびBで製造する方法を検討し始めました。このような薬は私たちが痛みを治療する方法を完全に変える可能性があります。

「大麻中の分子について興味深いのは、それらが実際に炎症の原因を止めるということです。」と、グエルフ大学の分子細胞生物学助教授であり、大麻植物がどのようにカンフラビンAおよびBを産生するかを発見したこの研究の共同執筆者であるTariq Akhtarは述べました。

「そしてほとんどの天然物は、市販の鎮痛薬に含まれる毒性を持っていません。」

大麻はアスピリンより良くて安全

進行中のオピオイド危機の深刻化の中で、多くの処方鎮痛薬のリスクと有害な副作用なしに実行可能な代替鎮痛薬を見つけることは、医療業界が直面している緊急の課題です。 しかし、アスピリン、イブプロフェン、アセトアミノフェンなどの市販の鎮痛剤でさえ、毎日使用したりアルコールと組み合わせて使用した場合、腎臓病や胃や肝臓の問題につながることがあります。私たちの知る限りでは、カンフラビンは臓器にダメージを与えません。むしろ、それらは根源から炎症を治療します。そして利用可能な研究に基づいて、アスピリンより安全で効果的に治療をします。

この法案はすでに、麻薬政策同盟、ACLU、マリファナ法改革協会(NORML)などの団体を含む、擁護団体の大物たちによって支えられています。

マリファナの合法化は、2020年の民主党大統領候補の大部分の主要な政策として採用されています。Harrisの同僚であり同僚の主要競争相手である上院議員のCory Booker(D-NJ)は、今年初めに同様の法律を導入しました。Bookerの法案は刑事記録を抹消し、地域社会再投資基金を設立することにもなりますが、急増する大麻業界で有色人種が地域社会に利益をもたらすように設計されたハリスの法律の一部の要素は含まれていませんでした。

この法案の下で、議会は、その中に3つの助成プログラムを含む機会信託基金を創設するために、マリファナ業界によって生み出された年間税収の50パーセントを使用することを承認されるでしょう。その1つは、コミュニティ再投資助成金で、法案の内容によると、「薬物戦争」の影響を最も受けた人向けに、職業訓練、識字率向上プログラム、および再入国サービスを提供します。もう1つは、大麻機会助成金で、経済的にも社会的にも恵まれない人が所有する大麻業界の中小企業に資金を提供します。3番目の助成金である公平なライセンス交付は、中小企業管理局に、連邦の貧困レベルをはるかに下回る所得を持つ特定の個人に対する大麻ライセンス申請料の免除を含む、大麻ライセンスへの障壁の軽減を支援するものです。

さらに、この法案は、有色人種のコミュニティが事業主または従業員として積極的に参加していることを保証するために労働統計局が大麻業界の人口統計データを追跡することを要求しています。これは移民がマリファナの違反だけで国外追放または市民権の否認の対象となることを排除するでしょう。

「全国各地の州でマリファナの合法化が行われているにもかかわらず、マリファナに対する刑事有罪判決を受けた人々は依然として2級市民権に直面している。彼らの投票、教育へのアクセス、雇用、および住宅はすべて悪影響を受ける」とNadlerは声明で述べました。「人種的に動機付けられたマリファナ法の施行は、有色人種のコミュニティに過度に影響を与えてきました。マリファナの使用を犯罪行為ではなく個人の選択および公衆衛生の問題として捉えようと努力するのはもう過去の事です。」

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu