大麻化合物 研究
大麻化合物 研究

科学者が大麻花粉を長期的に保存する新しい方法を開発!

Share on facebook
Share on twitter

最近行われた研究で、大麻花粉の、長期間保存する方法と花粉の発芽率を算出する生物検定を研究者が発明しました、

まず、研究チームは花粉を受粉に使用する前に、発芽率をテストする分析を行いましました。研究者は、固形培地の代わりに液体培地を使用し、今までの発芽率を評価するやり方を変更することで、「発芽の定量化と収穫量のイメージ化」を達成しました。

この成果は大麻農業者にとって、無駄なコストを抑ることができ、更に成果物の品質を確保するのに役立でしょう。

ただ、栽培者にとってさらに重要なのは、大麻花粉のための長期貯蔵システムの開発です。

オスの植物から花粉を取り、それを雌しべに擦り付けることで、メスの植物は種子を含む芽を作ります。この一連からわかるように花粉は種子を生成する上で中心的な役割を担っており、耕作者にとって花粉を長期保管できるかどうかは、重要なポイントになります。
研究者たちは花粉を保存するために、一度焼いた小麦粉と保存剤と一緒に合わせて、それを液体窒素で冷凍することで、水分を取り除きました。

その後、液体窒素から混合物を取り除き、取り出した花粉を雌植物に受粉させると、すべての対象において種子形成が成功しました。

「この方法を使用することにより、4か月後も発芽率を維持することができ、大麻花粉の無期限の保存が示唆されました。」

チームはまた、花粉が開花期のさまざまな段階で、発芽率に影響することを発見しました。研究チームによると、花粉を抽出する最適な時期は、開花中期のようで、その時期の花粉を低温環境で貯蔵することにより「花粉粒の22パーセントが21日後に発芽に成功し、最長の生存率」を維持しました。

 

References:Marijuana Momentなど / written by Scarlet

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート