オピオイドと大麻
オピオイドと大麻

研究が示す患者がオピオイドより大麻を好む理由!​​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

アメリカ各地の州で医療用大麻の合法化が進んだことで、大麻植物は一般的な代替医療として、または従来のさまざまな医療治療法の補完として登場しました。患者は、不安、癌、神経障害などのあらゆる種類の症状に対する大麻治療を求めています。

アメリカでのオピオイド流行は大統領経済諮問委員会(CEA)によると、2015年だけで推定5,400億ドルもの費用がかかり、毎日約130人のアメリカ人の命を奪っている現状から、オピオイド治療の代替として医療大麻への国民の関心を生み出しました。イリノイ州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州を含むいくつかの州では、オピオイド使用障害が医療用マリファナの適格条件となりました。

より多くの研究とより多くの法的アクセスによって、オピオイド代替としての大麻の価値は確固たるものになったかもしれません。これまでの限られた証拠は、オピオイド治療からの脱却を模索している患者のための土台を提供しています。

ここでは、多くの患者がオピオイドへの依存を軽減、または代替するために大麻治療を選んだ理由を上げていきます。

大麻は慢性疼痛に対するより安全な療法、または日常療法である

オピオイドは急性または即時の激痛を治療するための効果的な薬です。しかし、慢性または長期の痛みをオピオイドで治療することは長期的な摂取を意味し、依存や致命的な過剰摂取のような悲惨な結果をもたらすことがあります。残念なことに、特に鎮痛のためのオピオイドの過剰投与は、進行中のオピオイド危機の大きな要因となっています。そのため、2016年にCDC(疾病管理予防センター)が問題を解決するのに役立つ、医師向けの新しいオピオイド処方ガイドラインを発表しました。これらの新しいガイドラインによると、ほとんどの慢性疼痛症例は非オピオイド薬で治療されるべきです。2017年1月に、国立科学技術アカデミーは10,000以上の研究をレビューして、大麻が慢性疼痛のための安全で効果的な非オピオイド治療であると結論を下しました。

オピオイドvs大麻=1分子vs数百

処方オピオイドはたいてい、1つの活性分子を含んでいます。大麻には何百もの活性分子が含まれており、その多くは一度に同じ病気や症状を軽減するのに役立ちます。

すべての分子が同じ病気を治療することを意味しているならば、具体的に何百もの活性分子は何ができるでしょうか?それは、いくつかの分子が身体の多くの生物学的経路をシグナリングすることによって、潜在的な治療効果を含む生理学的および脳効果を生み出す大麻によって作り出された相乗効果の一例です。処方オピオイドは痛みの感覚を完全に排除するのにより強力かもしれませんが、大麻分子は相乗的に働き、身体が痛みをコントロールするのを助けます。例えば、THCは、脳の疼痛管理システムと中枢神経系の間でメッセージを送信する身体のCB1受容体を活性化することによって疼痛を治療することができます。一方、他のカンナビノイドとテルペンは痛みをやわらげる抗炎症反応を引き起こす大麻植物の香りと風味の要因となる芳香族分子です。

大麻はオピオイド依存の可能性を減らすかもしれない

大麻がオピオイドの処方箋と一緒に服用されているときにも相乗効果が発揮されます。科学者達は何十年もの間カンナビノイドとオピオイドの組み合わせを研究してきました。全面的に見て、これらの化合物を一緒にすると相乗的な痛みの軽減をもたらすことが研究により示されています。

Neuropsychopharmacology誌に発表された2018年2月の研究は、どちらの薬物も単独で投与することができなかった場合に、大麻の喫煙とオキシコドン、中毒性の高いオピオイドの低用量同時投与が疼痛閾値を増加させることを見出しました。オピオイドの処方を必要としているが、依存のリスクを高めることを心配している患者にとって、大麻はより低いオピオイド用量をより効果的にすることによってそのリスクを抑えるのを助けるかもしれません。

大麻はオピオイド離脱症状を軽減する

オピオイドの流行の中心には、1つの単純な事実があります。オピオイドを繰り返し使用すると、身体は耐性を示し、望ましい治療効果を得るにはより多くの用量を必要とします。忍容性の高い状態では、患者の体は、吐き気、悪寒、耐え難いほどの痛み、重度の精神的苦痛などの禁断症状の極端な症状を経験することがあります。大麻は、いくつかのオピオイド禁断症状を最小限に抑えることがわかっており、患者がオピオイド治療から非オピオイド治療への移行を支援するのに役立つ可能性があります。

大麻はオピオイド再発防止に役立つ

前臨床試験では、大麻がオピオイド耐性の構築を妨げる可能性があることが示されています。医師の診察を必要とし、オピオイド依存を心配している患者、特にそれを既に経験したことのある人にとって、大麻の使用は効果的な危害軽減戦略を証明するかもしれません。しかし、手術を受ける患者は、大麻を使用していない人よりも大麻を使用している人の方が麻酔薬を必要とする場合があることに注意する必要があります。

大麻がオピオイド依存性に及ぼす影響を完全に理解するために必要な研究はもっとたくさんありますが、初期の兆候では、オピオイドより中毒性が低く、致命的な副作用がない大麻治療を選択し始めていることを示しています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu