大麻コミュニティ
大麻コミュニティ

母親の為の大麻コミュニティ: Tokeativity Canna Mamas​

Share on facebook
Share on twitter

現在、より多くの州が合法化しているにもかかわらず、子育てと大麻の話題は、大麻の支持していても、少し避けてしまうものです。しかし、Tokeativityは正反対の役割を果たしました。大麻を使用する母親が、自身で体験した話を伝え、グローバルなフォーラムやイベント、CannaMamasを通じてコミュニティを構築することを歓迎しています。

Tokeativityの共同設立者Samantha MontanaroとLisa Snyderは、創業当初から、女性が互いにつながり、学び、支援する場をつくるために努力してきました。「妊娠中および育児中に、女性が最良の選択をするように教育し、力を与えることができることを望んでいます。私たちは拡大するにつれて、自分自身が親になった初めての年に体験した独りぼっちと感じてしまう、母親にどんどん出会っています。」とモンタナロは語りました。

Snyderは、これがTokeativityの使命と結びついているかを詳述し、グローバルコミュニティが、合法化後に抱えていた、大麻を使用する安全な空間の創出などの問題を役立つことを説明しました。

「これらの問題は、大麻の法律家は再考慮すべきではない。世界経済は、業界がどこに向かっているかです。私たちは、すべての女性の繁栄をサポートする為に必要な資源、ツール、人を結びつけていきたいと考えています」とSnyder氏は付け加えました。

大麻で女性を支援する

Cannamommy Nonprofitは、妊婦や母親の健康管理のために、ピル(丸薬)ではなく大麻を使用する母親の権利を主張する団体です。団体は、会社と地域コミュニティの分野で、Tokeativityと密接に協力しあっています。

Cannamommyの創設者であるKelley Bruceは次のように述べています。「母親は、子どもの人生にも責任を負う必要があるため、大麻使用に関して最も非難されやすいグループです。法的および医学的に認められている状態であっても、ピル(丸薬)の使用前に大麻を選択する母親の権利を保護しているわけではありません。この不名誉な事は厳しいもので、支援は最小限であり、医療提供者と正直な会話をすることはできません。」

Bruceは、Tokeativity Canna Mamasのイベントは、「身元が確認されている女性が、人々が共有して、学ぶ為に来られる安全なスペースを提供します。 私たちは世界中の母親の扉を開くことができます。」と説明を続けました。

最初のグローバルTokeativity Canna Mamasイベントは最近、オンラインの教室で行われ、Bruce(カリフォルニア州)、Montanaro(オレゴン州)、最近合法化されたアメリカ以外の国、カナダのGill Pollard、南アフリカのKelly Edibleの2人の母親がパネラーとして参加しました。

Gill Pollardは、母親だけではなく、The Her(B)Lifeの創設者でCCO(最高クリエイティブ責任者)です。Pollardは、率直かつ公然と話すことによって、大麻の使用は私たちの健康(または娯楽用)の為の別の方法であり、悪意があるものではないということを説明しました。

「母親たちはすでに社会から感じる必要のない、非常に多くの圧力と辱めを受けています。 大麻はより良い母親になるのを助けます。 最近、カナダで大麻が合法になったので、大麻の会話をするのに最適な時期です。」

最近、南アフリカの最高裁判所は大麻の個人的な使用を合法化し、国で大麻の会話がオープンになりました。南アフリカに住むケリー・エディブルは、トーストド・トリートの母と創始者です。彼女は大麻に関わっているお母さんになることは挑戦的であることに同意しています。地域のコミュニティの大部分は大麻が医療としてどのように作用するかをほとんど理解していないにもかかわらず、母親が絶えず悪い判断をされているからです。

彼女は、「受け入れが限られているため、変化の波紋を作り出す唯一の方法は、私たちに最も近いもの、つまり子供たちを教育することです。世界中の母親が過去と現在の課題について話すのを聞いて、目を開いて心温まるものでした。Canna Mamasプラットフォームでなければ、得られなかった知識とつながりを作って、今できることに力を感じることはありませんでした」と説明しています。

母親は大麻について子どもたちと思慮深く有意義な会話をする機会があります。特に大麻使用者、支持者、業界の専門家である母親は、お互いにコンタクトを取り合い、大麻についての会話方法に関する情報とアイデアを共有する必要があります。

Tokeativity Canna Mamasは次のイベントとして、安全なデジタルプラットフォームを使用して、より多くの母親が世界中から集まり、大麻と母親を取り巻く重要な問題について話し合うのを支援しています。

モンタナロ氏は、「家庭に従事しているときは、一緒に会うのはさらに難しい為、オンラインスペースは、母親たちが簡単にログインし、同じような母親のコミュニティの一員になれる。」と説明しています。

ケリー・エディブル氏は、「Tokeativity Canna Mamaが、母親が偏見なしにコミュニケーションをとり、指導や感謝の気持ちでお互いを応援する安全でオープンな環境を作り出していると思います。彼らはお互いにつながりを作り出しています。それは私が長い間探し続けてきた感覚です。Tokeativityは、ステレオタイプを壊すのを助け、私たちが大麻産業で個別に、あるいは集合的に声を上げることを確実に可能にしています。」と加えました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート