大麻入りセメント
大麻入りセメント

建設業者は汚染を減らすために大麻入りセメントを使用している!​

Share on facebook
Share on twitter

巨大な石油地として知られているカナダの一部で発芽している大麻畑は、気候変動が建設業界を混乱させていると語っています。

カルガリーのタールサンドの影に店を構えてから6年、64歳のMac Radford氏は、建設業者から注文される、全て二酸化炭素の排出量を制限する地球に優しい材料にするという要望を満たすことができないと言います。彼の会社であるJustBioFiber Structural Solutionsは、地球温暖化の原因となる温室効果ガスを緩和するために、ヘンプ(精神活性成分を含まないマリファナの種類)を使用するビジネスの先駆者です。

世界中で、建設業者は心のこもった大麻を使用する昔からの建築方法に現代的な工夫を加えています。ローマの技術者は、漆喰に植物の屈強な繊維を混合して、橋を支えました。最近では、元ホワイトハウスの顧問であるスティーブ・バノンは、いわゆるヘンプクリートを使用して壁を構築することを検討しました。初期の結果は、セメントに代わるよりクリーンな代替品の需要を引き出すことが可能であることを示しています。

「供給量をはるかに超える需要があります」とラドフォードはエアドリーにある彼の工場で語りました。同社は拡張を進めており、2,000戸の家を建てるのに十分なレゴのようなヘンプレンガを毎年大量に生産する予定です。

セメントに対する環境に優しい代替品は、世界経済が劇的に排出量を削減する方向に向かうにつれて、LafargeHolcim Ltd.やVotorantim Cimentos SAなどの企業にプレッシャーを与えます。

セメント製造業者は、材料を生産するのに必要な石灰炉を介してセメントに大量の二酸化炭素が入る為、毎年大気中に放出される世界の二酸化炭素の約7%に責任があります。メーカーは、より環境に優しい代替品の市場を見つけるのに苦労しており、地球への影響を懸念している顧客に応えるラドフォードのような起業家に簡単な参入機会を与えていると言います。

「人々は理解すればそれを愛します」とプロジェクトのために発明したモジュール式のインターロックブリックを採用した建設者のラドフォードは言いました。「私たちの古い習慣は変えなければなりません。」

建築家と開発者は、建設されてから建物で使用されるエネルギーに集中してきましたが、実際には、建物の寿命全体の二酸化炭素の排出を表すのは、建設に必要な側面です。セメントなどの高炭素強度材料を麻などの環境に優しい代替物に置き換えると、温室効果ガスの汚染を劇的に減らすことができます。

麻畑は成長するときに炭素を吸収します。収穫後、作物は石灰または粘土と混合された後も温室効果ガスを吸収し続けます。支持者によると、ヘンプコンクリート構造物は、通気性、耐火性、温度調節も優れています。

業界全体の数字はプロセスによって異なりますが、JustBioFiberによると、ヘンプは製造する立方メートルごとに130キログラム(287ポンド)の二酸化炭素を捕獲します。レンガで作られた構造物は、生産時に放出するよりも多くの温室効果ガスを吸収します。対照的に、欧州セメント協会によると、生産された1トンのセメントのは半分の500キロの二酸化炭素を放出します。

30年以上前にフランスで最初に開発されたヘンプクリートは、石や石灰とよく混ざり合ったため、最初は古い家の改修に使用されました。CANP-Ingenieurs Architectesの創設者であり、特別な建物を専門とするQuentin Pichon氏によると、この傾向は7階建ての新しい建物の家、オフィス、市の建物へと進んでいます。

フランスのヘンプ業界の成長は、建設用途の増加の結果として過去10年間で5番目に成長しましたが、カンナビジオールの製造に使用できる大麻の種子も要因であると彼は言いました。北アルバータ工科大学によると、カナダでのヘンプの売り上げは、昨年の1億4000万米ドルから5年以内に10億米ドルに達する可能性があります。

イギリスヘンプクリートのマネージングディレクターであるアレックス・スパロウ氏によると、世界中のほぼすべての場所で地元の栽培を迅速に立ち上げることができるということは、ヘンプの魅力の1つです。

「需要は着実に増加していますが、現在イギリスの建設業界がGDPの約7パーセント、総炭素排出量の50パーセントを占めているため、これを加速する必要があります」とスパロウ氏は言います。

イギリスの会社が直面している原則的な課題の1つは、ヘンプ栽培に課せられる法的ハードルです。イギリスの農家はヘンプを建材用にのみ栽培できますが、種子から抽出したオイルから利益を得ることはできません。

カルガリーの近くに戻って、黒いデニムを着たラドフォードはすでにヘンプベンチャーから利益を上げており、生産を年間350万ブロックに拡大するためにさらに3,700万カナダドル(2800万ドル)を投資する準備をしています。

「最終的にはお金ではなく、地球のためになることだと考えています」と彼は言いました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート