大麻の種子
大麻の種子

大麻種子を食べると健康に良い!?実は七味唐辛子にも入っている!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

果物や野菜を食べることは健康を維持する一つの方法ですが、大麻の種子はどうでしょうか?実は大麻種子は七味唐辛子にも入っていて、知らず知らずのうちに食しています。

大麻の種子は、何千年もの間、健康と栄養に関わっています。さまざまな条件で簡単に成長できる、非常に用途の広い食品を人々に提供します。ただし、ヘンプの汎用性と持続可能性だけが、大麻種子試してみるべき理由ではありません。ヘンプシードを食べることは、健康に非常に有益であることが判明しました。

大麻植物のすべての部分は使用可能ですが、おそらくあまり美味しくはありません。葉はサラダに入れることができ、茎は繊維に変えることができます。また、油性塗料やプラスチックなどの環境によくない商品を麻から生産することもできます。大麻植物から建材を作り、作物を使って水を浄化することさえできます。

大麻の小さな種子は、実際には穀物ではなく実と考えられています。つまり、生で食べたり、ペースト状にしたり、乾燥させて粉末にしたり、プレスしてオイルにしたり、絞り出してミルクを作ったりすることができます。ヘンプシードの化学的構成は、他のナッツやシードとは大きく異なるものです。汎用性に加えて、大麻の種を食べることは負の副作用を示さず、セリアック病の患者とビーガンにとっても安全です。幅広い栄養と料理を人々に提供します。

大麻種子は何世紀にもわたって最高の栄養補助食品

ヘンプ製品は、軍隊や町の食料と繁栄を維持するためだけでなく、複数の種類の商品を作成するためにも使用されていました。実際、ヘンプの広範な栽培は、中国の紀元前2800年にさかのぼります。植民地時代、アメリカ人は合法的にこの「奇跡の作物」の栽培を義務付けられました。ヘンプ作物から得られる多くの多様な資源自体がとても重要でしたが、成長が容易で、高収量の栄養価の高い食物だということがさらに重要でした。そしてヘンプはそれを紛れもなくもたらしました。

大麻の種子は完璧なビーガン、グルテンフリーのタンパク質

ヘンプは非常に持続的に成長することができることに加えて、ビーガンでグルテンを含んでいません。これは、多くの人の要求を満たすことになるでしょう。ヘンプシードは、簡単に消化できるタンパク質を提供するのに非常に優れており、たった100gの種子が成人の推奨されるタンパク質の1日の64%を提供します。ヘンプシードは、消費する際にも非常に用途が広いので、同じ退屈な食べ物を何度も食べる必要はありません。

心臓にも優しい

大麻の種は心臓の健康にとっても素晴らしいです。心臓病は世界中で多くの人たちの命を奪っているため、人々が自分の血管の健康を改善する方法に焦点を合わせ始めていることは理解できます。大麻の種を食べると、体の中の一酸化窒素のレベルを改善してくれます。一酸化窒素のレベルが高くなると、血管がより緩まって、血圧が低下します。ヘンプシードは、心臓特異的な炎症のレベルを低下させることも示されています。高レベルの炎症は、心臓病と密接に関連しています。その為、麻の種は、心臓が病気と戦うために必要な戦闘力を提供するのに役立ちます。

豊富なオイルとオメガが詰まっている

麻の種子のエネルギーのほぼ73%は、健康的な脂肪とアミノ酸です。これらは、多価不飽和脂肪、リノール酸、オレイン酸、およびアルファリノレン酸で詰まっています。これらの必須脂肪酸のほとんどは、オメガ-3およびオメガ-6脂肪酸として知られています。オメガは日常の健康にとって非常に有益であると言われていますが、皮膚疾患の改善などにも役立ちます。湿疹などの慢性的な皮膚の状態に関連する乾燥とかゆみを和らげることができます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart