| | | |

大麻研究を促進するためにハーバード大学とMITに900万ドルの寄付

ハーバード大学とMITの卒業生は、両方の学校で大麻研究を促進するために寄付をしました。

4月30日火曜日の発表で、チャールズ・R・ブロデリック氏は、マリファナが脳と行動にどのような影響を与えるかの研究を支援するために、2つの機関に均等に分割して900万ドルを寄付すると述べました。

学校によると、「カンナビノイドの科学の独立した研究を支援するためにこれまでで最大の寄付」になります。

ブロデリックは、この寄付は「現在、大麻の科学に存在する研究の欠如を埋める」という欲求によって動かされたと述べました。

「私は大麻をめぐる会話の汚名を返上したい。そしてそれは、医学界だけでなく一般の人々に事実を提供することを意味します」とブロデリックは発表で述べました。

Uder Capitalの創設者であるUji Capitalは、「グローバルな株式資本市場における量的な機会に焦点を当てたファミリーオフィス」だと自称していますが、ブロデリックも自身を大麻業界の先駆的な投資家として認めています。彼は早い段階でカナダの大麻市場に参入し、TweedとAphriaで株式を取得しました。ブロデリックはまた、2017年にDOJAと合併してHikuを作成した大手企業であるTokyo Smokeにも独立した投資を行いました。これは1年後にCanopy Growth Corp.に買収されています。

現在、カナダや2016年に有権者が娯楽用大麻を合法化したハーバードとMITの両方があるマサチューセッツ州を含むアメリカの州や都市でマリファナの合法化が増えてきていますが、信頼のおける調査が不足しているために、その不名誉を完全に排除することはできていません。アメリカの連邦政府が現在行っている大麻に対する敵意が、研究努力に猛威をふるっています。

国立科学アカデミー工学アカデミーからの2017年の報告は、証拠ベースの主要なギャップに対処する「国家大麻研究アジェンダのため」の資金と支援を通して、公的機関、慈善団体および民間企業に、「大麻使用の短期および長期の健康への影響(有益および有害な影響の両方)に関する包括的な証拠ベースの開発」を促しました。

ブロデリックは4月30日火曜日の発表で、すべての人が「同じ情報から作業する」ことが重要であると述べました。

MITへの450万ドルの寄付は3年間で4人の科学者を支援し、そのうち2人は「大麻と統合失調症の関係を別々に探求する」と同校は述べました。これらの研究者の一人であるJohn Gabrieliは、統合失調症の成人の大麻の価値を調べ、「究極の目標は脳の健康と幸福を改善することである」と述べています。

GabrieliはBoston Globeに、マリファナの研究のための資金を得るのは「信じられないほど難しい。ごく最近まで、いたるところで違法とされてきましたから」と語りました。

「慈善事業の後押しがなければ、これらすべての問題を解決するには何年もかかる可能性があります。」

ハーバード大学では、450万ドルが医学部でCharles R. Broderick Phytocannabinoid Research Initiativeを開始するために使われます。「脳機能、さまざまな臓器系、健康全般に対するカンナビノイドの影響についての基本的な洞察を得るために、[Harvard Medical School]コミュニティ全体で基礎的、翻訳的、臨床的研究に資金を提供します」

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *