大麻業界の雇用機会は2018年から79%上昇!今後も増加予定!

大麻業界の雇用機会は2018年から79%上昇!今後も増加予定!

Forbesが概説したVangstのレポートによると、米国での大麻業界の雇用は2018年から2019年にかけて79%増加し、現在、同業界には推定211,000人の正社員がいます。分析では、2021年までに大麻産業で414,000人の新規雇用が生まれることが示唆されています。

報告書によると、需要の高い職には、ディスペンサリーで働くバッテンダー、ブランドアンバサダー、栽培技術者およびディレクター、配達ドライバー、トリマー等が含まれます。さらに、Vangstは、「一時的雇用の人材」、つまりフリーランサーと季節従業員が、2020年までに平均的な企業の従業員の約40%を占めると予測しています。

2017年1月1日から2018年1月1日まで、Vangstはプラットフォーム上で大麻業界の求人が690%増加し、同じ期間に16.1%の給与が増加しました。

このレポートは、栽培、実験室試験、カンナビノイドの抽出、製造、販売など、大麻特有の4つの主な仕事をカバーしています。

大麻を連邦合法化したこの国であるカナダ統計局は、昨年の8月、大麻産業の雇用が前年度から2,630から9,200にほぼ4倍に増加したと報告しました。2017年、カナダの大麻業界はわずか1,438人の雇用しかありませんでした。

5月にリリースされたLeafly and Whitney Economicsのレポートによると、米国の大麻産業は2018年に64,000人以上の雇用を追加し、成長率は44%でした。2017年、米国での大麻雇用の増加はわずか21%でした。

記事をシェアする
Close Menu