大麻茶とグルテンフリー
大麻茶とグルテンフリー

大麻昆布茶にグルテンフリー!? 大麻企業が健康の流行に乗っかる!​​

Share on facebook
Share on twitter

本当に良い大麻が広く利用できるようになったとき、ビジネスはどのように顧客に商品を買うように説得するのでしょうか?

その答えはブランディングであり、多くの企業が「健康」に焦点を当てることを意味しています。

大麻企業の中には、この薬をさまざまな栄養補助食品やハーブと組み合わせています会社があります。これらの製品は、大麻の中核となる顧客グループよりも年齢が高く、主に女性で健康志向の消費者をターゲットにしています。

世界最大の大麻市場であると言われるロサンゼルスは、ダイエットに関しても世界の中心です。さまざまな健康志向のブランドが、今後流行となる大麻をダイエット食品に注入しており、大麻が入ったグルテンフリー、パレル、昆布茶等を購入することができます。

宗教を信仰しているユダヤ人が大麻を消費できるかどうかは複雑な問題ですが、「コーシャ・クッシュ」のような品種を提供する会社もあります。他のブランドは運動する前に「ハイ」になりたいユーザーに向けて訴求しています。企業は消費者が頭痛薬や仕事後のカクテルの代わりとして様々な大麻製品を使うことを願っています。

その一方で、スムージーショップは、マリファナ由来の化学物質CBDを数滴入れることになるでしょう。CBDは、人々を「ハイ」にすることはありませんが、企業がまったく新しい価値を提供することを可能にします。

THCには目に見える効果がありますが、CBDはあなたにとって良いことかもしれませんが、それを定量化することは難しいです。

『大麻宣言:ウェルネスのための新しいパラダイム』では、大麻活動家であり起業家でもあるSteve DeAngeloは、大麻の使用の大部分は健康のためであると書いています。「ウェルネスには、創造力の喚起、忍耐力の拡大、自己査定の促進、驚きの目覚め、笑いの促進、友情の促進、音楽の音やあなたの恋人の肌の感触の向上などが含まれます。」

多くの企業にとって、不眠、不安、痛みなどの病気への対処も含まれていますが、効果を裏付けるデータを持っている会社はほとんどありません。薬の利点が何であれ、大麻をウェルネス製品として宣伝することが、大麻製品を主流にするためのマーケティング戦略であるということは覚えておかなければなりません。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート