若者大麻喫煙
若者大麻喫煙

大麻合法化の反対意見が覆される!?合法でも若者の使用率は低下​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

ワシントン州では、2012年に有権者が成人の大麻使用の合法化を承認した後、10代の若者の間でマリファナの使用は、この数年間で増加しなかった、と新しい研究は述べています。

この結果は、大麻合法化の動きが「若者の大麻消費率を急上昇させることになるだろう」と主張した禁止支持者からのよく言われていた問題に対して相反するものになっています。

JAMA Pediatrics誌に発表された新しい調査報告書によると、実際に、2010年から2012年、2014年から2016年の間に、中学生の間で大麻使用の減少が見られました。同じ調査期間中、高校生の大麻使用に関しては、統計的に有意な変化はありませんでした。

この結果は、ワシントンの若者の間で過去1ヶ月の使用が増加したという以前の研究の結論とは異なります。あの研究は、連邦政府が資金を提供しているMonitoring the Future調査のデータに基づいています。

そこで、RAND Corporationや他の組織の研究者らは、Washington Healthy Youth Surveyと呼ばれる無作為化された、州レベルの調査のデータを使用して、以前の研究の結論をテストするための独自のモデルを作成しました。データは増加よりもむしろ、先月のマリファナの消費が中学生の間で統計的に減少したことを示しました。

2010 – 2012年から2014 – 2016年の間に、中学1年生の間でのマリファナの使用率は、「9.8パーセントから7.3パーセントまで低下しました」。中学3年生の間では「19.8パーセントから17.8パーセントまで低下しました」。

共同研究者のRosalie Liccardo Pacula氏はプレスリリースで、「若者のマリファナ使用に対する合法化の影響は、多数のデータセットを使用して再検討する必要がある重要な公衆衛生上の問題である」と述べました。「この作業は、分析から方針の結論を引き出そうとするときにサンプルがどの程度代表的であるかを理解できるように、各データセットに誰のデータが記録されているかを理解することの重要性を強調している。」と語っています。

しかし、Paculaは、彼らの調査結果は「合法化が最終的に若者のマリファナの使用にどのように影響するかについての最終的な答えを提供しない」とさらなる調査、特に局所的傾向を説明できるものを必要とすると付け加えた。

そうは言っても、この研究は、大人の合法化が若者にマリファナを大量に消費させることはないということを示すための最近の一連の研究のうちの一つになるでしょう。

 

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google

最新記事

関連記事

アクセサリー&CBDオイル

ディスペンサリー紹介動画

Close Menu
×
×

Cart