大麻入り飲料 アルコール
大麻入り飲料 アルコール

大麻入り飲料のはアルコールの代替えになるのか?​

Share on facebook
Share on twitter

ビールは聖パトリックの祝日の飲み物として長い間その座を守ってきまいたが、大麻を注入した飲料の支持者は変化が来ていると考えています。

昨年10月、モルソン・クアーズのCEOであるマーク・ハンターは、大麻市場はカナダだけで合計70億ドルから100億ドルになる可能性があり、非アルコール性大麻入り飲料は30億ドル、つまり市場全体の30%を占める可能性があると見積もっています。モルソンクアーズは、ケベックを本拠地とする大麻ブランドHEXOと2か月前に既に合弁事業を開始しています。

1年前、Constellation Brandsはカナダに拠点を置く会社、Canopy Growth Corp.への投資を発表し、9.9%の株を買収したことで非常に大きな話題を呼びました。これは、アルコール業界の大企業が大麻産業へ参入することを意味しています。カナダ最大のLPへの10%(1億9,500万米ドル)の投資持分に相当するこの動きは、大企業が大麻産業のスペースを真剣に受け止めていることに業界関係者を興奮させました。

シカゴに本拠地を置く主要なビール部門のConstellation Brandsは、「政府レベルで合法的に許容される」まで、アメリカで大麻製品を販売しないと述べ、一方では新しい消費者トレンドに「対応し、先を行く」ことを狙っていると付け加えました。

一方、ハイネケンが所有するLagunitas Brewing Companyは、カリフォルニアでビールスタイルのスパークリングウォーターであるHi-Fi Hopsをすでに配布しています。アルコール、炭水化物、カロリーはありませんが、12オンスの缶(1個あたり8ドルの小売価格)には10ミリグラムのTHCが含まれています。Blue Moonの創設者であるキース・ヴィラは、彼の会社Ceria Beveragesを通じて、コロラド州でさまざまなレベルのTHCを特徴とするノンアルコール飲料を生産するための共同努力も行っています。

コカ・コーラのCEOは、THCであろうとCBDであろうと、大麻を注入した飲料の正当性、安全性、および毎日消費できるかどうかに関する研究と妥当性の欠如を考慮して、このスペースに入ることを警戒しました。それにもかかわらず、コカ・コーラはまだいくつかの飲料にCBDを組み込むことを計画しています。その一方で、ペプシは大麻を使用する計画を発表していませんが、確立された健康製品ライン(例:Naked JuiceやKeVita kombuchaドリンク)を考えると、この分野をライバルに譲る可能性は低いと思われます。

さらに、ビバレッジダイジェストによると、アメリカのソーダの売り上げは2004年から2016年まで12年連続で減少しました。消費者がより健康的な製品を求めているため、世界の健康およびウェルネス食品市場は、7,700億ドルの売上から15%近く上昇すると予想されており、2016年から2021年までに811億ドルになると予想されています。

大麻飲料がアルコールの代替品になるには

大麻入り飲料(特にノンアルコール飲料)は食用大麻市場を変革する可能性があります。食用大麻についてよく言われる不満としては、効果が出始める迄に時間がかかりすぎるということがあります。食用大麻は肺ではなく胃腸で処理されるため、喫煙または蒸気を吸うときなどの瞬時の効果と比較して、精神活性効果が出始めるには30〜60分かかります。
その遅れは、特に、より即効性を求めている疼痛患者などの消費者が食用大麻に抵抗する主な理由の1つです。それでも、いくつかの企業は摂取時間から15分以下で効果が出る飲料製品の開発に積極的に取り組んでいます。

ニューフロンティアデータによる2018年10月の調査では、飲酒する大麻消費者のほぼ半数(45%)が、将来、アルコール使用の少なくとも一部を大麻に置き換えるつもりであると述べています。味は好きだが、アルコールの健康への影響を心配する人にとって、非アルコール性大麻を注入したビールとワインは、潜在的な代替品になる可能性が高いでしょう。

代替えを達成する1つの方法は、アルコール摂取と大麻成分の摂取量が一致するように微量投与することです。 飲料に低用量のTHCを注入することにより、消費者はビールやワインを飲むのに匹敵するペースで飲料を摂取できます。アルコールと大麻入り飲料の1:1の同等性を見つけることは多くの投資と研究の焦点になっています。

二日酔いはアルコール消費のよくあるマイナス面の1つであるため、非アルコール性大麻入り飲料は、健康への影響を懸念する飲酒者にアピールできるでしょう。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter