大麻入り歯磨き粉
大麻入り歯磨き粉

大麻入りの歯磨き粉!?抗菌、抗炎症効果が歯周病の対策に!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

まずは、変わっていたが興味がそそられる大麻化粧品が登場しました。それから大麻を注入したスキンケアの誕生はインターネットの注目を集めました。最近の海外では、お気に入りのデパートに飛び込んで、大麻の香りのする香水のボトルを選ぶこともできます。そして、今では大麻歯磨き粉が話題になっています。

歯磨き粉は通常、美容製品であると考えられているものではありませんが、笑顔を素敵にすることによって美容業界で際立ったポジションを確立しています。美容としての歯の漂白は32億ドル規模の世界的な産業に成長し、現在、大麻歯磨き粉がこの争いに加わっています。

なぜ歯磨き粉に大麻?

通常の歯磨き粉に大麻を追加することをバックアップする、科学がいくつかあることがわかりました。植物の抗菌性と抗炎症性は、我々が扱う最も一般的な歯の問題の一つである、歯周病に取り組むための理想的な成分になります。

歯科衛生学について考えるとき、歯の白さ、または虫歯を避けることに焦点を合わせる傾向があります。そして歯茎の健康は常に頭に浮かぶものではありません。しかし、アメリカでは歯茎の健康が公衆衛生上の問題であることは明らかです。CDC(疾病管理予防センター)によると、30歳以上の6500万人近くが歯周病の兆候を持っています。そして大麻歯磨き粉はその問題を助けることができそうです。

大麻は抗炎症性

炎症は、関節炎やクローン病のような慢性的な病状に関連する傾向があるものです。しかし、炎症は歯の健康状態が悪いことを示す、とても一般的な症状であり、未治療のままにしておくとかなり厄介になることがあります。

歯茎の炎症は、おそらく歯周病の最も一般的な症状であり、CDCによるとアメリカの成人の約半数が罹患しています。科学界では歯周炎として知られていますが、これはプラークの蓄積と歯科衛生の欠如によって引き起こされます。軽度のものであれば、ほとんど目立たった症状はありませが、中度から重度の場合で極度の炎症、痛みおよび出血をもたらすことがあります。

歯磨き粉に抗炎症成分を配合することは、歯周病のこれらの症状に対抗するのに非常に役立ちます。局所大麻製品は炎症を軽減し、それによって引き起こされる痛みのレベルを下げるのに役立つことが研究によって示されています。しかし、いくつかの(相当な)警告が依然として適用されています。問題の研究は人間に対して行われたものではなく、歯周病によって引き起こされる炎症を具体的に調査するものではありませんでした。それでも、有望なスタートであり、大麻を注入された練り歯磨きはマーケターによって受け入れられる可能性があります。

大麻は抗菌

歯茎と口の感染症は歯周病の一般的な症状です。この状態は歯茎を衰退させることがあり、歯茎と歯の間に(たとえわずかであっても)わずかな空のスペースのポケットができるときに生じます。これらのポケットは徐々に感染症を引き起こす食物やバクテリアの断片でいっぱいになります。

歯茎の感染症は非常に痛みを伴う可能性があり、食事、飲酒、さらには話すことさえ非常に不快にします。通常、強力な抗生物質が感染を殺すために必要とされます。しかし効果が現れるのに数日かかることがあります。それらが引き起こす極端な痛みと不快感よりさらに深刻なのは、それらが歯の損失につながるという事実です。だから、効果的な抗菌剤である歯磨き粉を持つことは良い歯科衛生学の重要な部分です。

大麻は強力で無毒の抗菌剤であることがわかっています。特に、その天然化合物のいくつか(カンナビジオール、またはCBDなど)は感染を防ぐのに効果的です。大麻に含まれるCBDおよびその他の抗菌化合物を含む歯磨き粉を使用することで、歯茎と歯の間のポケットに集まる感染症の原因となる細菌の少なくとも一部を排除する可能性が高くなります。

大麻が注入された歯科衛生製品のアイデアに噛み付くのは簡単です。結局のところ、大麻入り歯磨き粉はほとんどの人にとって特に食欲をそそる風味があるようには思えません。それでも、不快な味を隠す方法は常にあり、大麻はすでにリップクリーム、ココナッツオイル、さらには入浴剤にも進出しています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu