大麻使用者と鎮静剤の関係
大麻使用者と鎮静剤の関係

大麻使用者は医療処置に多くの鎮静剤が必要であることが判明!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

コロラド州の研究者による小さな研究は、通常の大麻使用者が医療処置の間により多くの鎮静剤を必要とするかもしれないと示しました。コロラド州グランドジャンクションのCommunity Hospitalの研究者らによって実施された2年間の研究に関する報告書が月曜にThe American of Osteopathic Associationに掲載されました。

研究の著者は、大麻の継続的な合法化が「医学において挑戦と機会の両方を生み出した」と指摘しました。 今までよりも多くの患者が大麻を使用しており、今では大麻の使用を認めようとしている患者も増えています。大麻の使用は、治療中の鎮静を含む医療中に影響を与える可能性があります。

研究を実施するために、研究者らは2016年と2017年に内視鏡手術を受けた250人の患者の医療記録をレビューし、使用された3つの麻酔薬、フェンタニル、ミダゾラム、およびプロポフォールの量をレビューしました。

研究結果によると、「研究者らは、大麻を定期的に使用していない人々と比較して、大麻を定期的に使用している人々は内視鏡手術のため明らかにより多くの鎮静剤を必要とすることに気づきました。」

毎日または毎週大麻を使用していると報告した患者は、最適レベルの鎮静状態に達するためには、平均14%以上のフェンタニル、20%以上のミダゾラム、および220%以上のプロポフォールが必要でした。その違いは非常に重要な為、研究者は鎮静剤の投与前に麻酔科医と患者が大麻使用について議論することを勧めました。

「大麻の使用を確認することは、治療前の鎮静剤の投与量、患者ケアの計画、内視鏡手術中の服用量の増加に関連して、投薬ニーズと起こりうるリスクの両方を評価するための重要なツールとなり得る」と彼らは書きました。

研究者らは「合法化と大麻の使用の継続的な増加に伴い、麻酔や鎮静の分野ではさらなる研究が必要です。」と述べました。

更なる研究が必要

研究に参加しなかったペンシルベニア大学の麻酔科教授、Roderic Eckenhoff博士は、この研究対象にさらなる研究が必要であると指摘しました。

いくつかの理由から、彼はこの研究の結果を「最高には程遠い」と結論付けました。

彼は、鎮静外科医が十分であると判断する量は主観的であり、研究者は代わりに特定の量の薬物療法の効果を研究するべきであると述べました。彼はまた、たった25人の大麻使用者という、サンプルの量が小さすぎると考えています。

「私はこれを予備調査と見なし、誰かが拾い上げてより完全な試験を行うべきだと思います」とEckenhoff氏は述べています。

また、信頼できない患者もいて、「すべての服用」について医師に知らせていない可能性があると指摘し、研究結果が歪められた可能性があると主張しています。

「マリファナを使用している人の中には、他のドラッグを娯楽的に服用する人もいます。」とEckenhoffは述べ、また、この研究で引用されたプロポフォールに対する耐性の量は彼の薬物に関する知識と一致していないとも述べました。

「プロポフォールを長期間与えた場合、少し耐性がつきますが、200パーセントまでは許容できません。」とEckenhoffは述べています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu