大麻 喫煙
大麻 喫煙

大麻バッツの喫煙が痛み軽減ための最良の摂取方法という研究結果!​

Share on facebook
Share on twitter

マリファナの花の喫煙は、カンナビノイドを摂取する最も一般的な方法です。シンプルで、昔ながらな方法ですが迅速な効果をもたらします。大麻の煙を摂取して数分以内に、消費者は望ましい効果を感じることができます。Complementary Therapies in Medicineに掲載された新しい研究の結果によると、これは、すぐに「ハイ」になりたい人にとっては重要なことで、また、痛みを対処するために大麻を使用する人々にも良いもののようです。

ニューメキシコ大学の研究者は、「大麻の花全体が他の種類の製品よりも痛みの軽減に関連しており、テトラヒドロカンナビノール(THC)レベルが高いほど、5つの種類の痛みで鎮痛および副作用の普及を最も強く抑えることができることを発見しました。 」

「痛みに対する自己管理医療大麻治療の有効性」というタイトルの記事は、「中レベルから高レベル(THC)の大麻花は効果的な中レベル鎮痛薬である」と結論付けました。

大麻の一般的な抽出物として非精神活性化合物CBDを分離する流行にもかかわらず、この研究は2つの対比をサポートしています。1つは、向精神薬であるTHCがより効果的な痛みの治療であり、もう1つは、カンナビノイド、テルペン、フラボノイドをすべて含む花全体がより効果的な形態であるということです。大麻で化合物を分離する流行は、植物全体の相乗的特性を軽んじるようにも見えます。

人々が癌を治療するためにTHCとCBDを使用している一方で、植物の他の部分が助けていることもあるようです。ハーバード大学ダナファーバーがん研究所の研究者は、大麻フラボノイドが膵臓がんを治療する可能性があることを最近報告しました。フラボノイドは、すべての植物に見られる化合物であり、色を与えるのに役立ち、抗酸化剤として機能することができます。報告書は、「大麻のフラボノイド誘導体は、膵臓癌の治療において重要な治療可能性を示している」と結論付けました。

この化合物は、大麻の高価な成分の1つでもありません。フラボノイドの割合は、植物の10分の1強を占めています。ここでのポイントは、マリファナ全体がどのように機能するかを理解することは、1つの成分を隔離しようとするよりも役立つ可能性があるということです。

「植物の1つの化合物を分離するのではなく、植物全体を使用するほうが圧倒的に効果的です」と、アナーバーのOm of Medicineプロビジョニングセンターの共同設立者であるMark Passerini氏は言います。オムとミシガン大学は、大麻とオピオイドの使用に関する国際調査委員会の認可調査に協力しました。

2016年にJournal of Painで発表された結果では、大麻は慢性疼痛患者のオピオイド使用が64%少ないことに関連していることがわかりました。彼らはまた、生活の質が45パーセント向上したと報告しました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート