イリノイ州 売上
イリノイ州 売上

大麻を合法化したイリノイ州の初日の売上は約3億3000万円!​

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

1月1日に大麻を合法化したイリノイ州では、成人向けの大麻ショップの初日の売上が3億3000万円(310万ドル)を超え、77,000件を超える取引があったと報告がありました。

12月1日に嗜好用大麻が合法化されたミシガン州の初日の売上約2億4000万円(221,000ドル)、取引が2,200件と比較すると大きく上回っています。

米国で6番目に人口が多い州として、イリノイ州は国内最大のマリファナ市場の1つになり、消費者は大麻ショップの外に数百人が並んでいる動画を共有するなど、娯楽用大麻に対する熱意はソーシャルメディア全体で明らかになりました。

「行列が需要を示していることを認識しなければなりません。これは、大麻業界の成長にとって、信じられないほどの機会があることを意味します。」とハッチンソンは言いました。

合法化の経済的影響は議員が立法を起草し議論したときの主要な論点でしたが、税収と雇用創出はこの改革の動きの二次的要因であると強調しました。この改革でもっとも重要なことは、大麻禁止の影響を最も受けている地域社会の回復の正当の手段になるということです。

売り上げは素晴らしいですが、州に住む不当な影響を受けてしまった方達に大きな影響を与えていることを忘れてはいけません、とハッチソンは述べています。

合法的な大麻販売の開始に先立って、火曜日に知事J. B.プリッツカー(D)が、以前の大麻所持有罪判決で11,000人以上を赦免したという発表がありました。

「重要なのは、これは非暴力的な大麻関連の有罪判決と記録の負担をなくすことで新しい機会の世界が出現するイリノイ州の最初のきっかけに過ぎない」と知事は述べました。

この記事をシェアする

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on google
Close Menu