退役軍人 大麻
退役軍人 大麻

大麻はPTSD、退役軍人による自殺問題の救世主になれる!

Share on facebook
Share on twitter

ジョージア州は、2日間で2人の引退した軍人が自殺したというニュースで揺れました。

両方の死は退役軍人局にサービスを提供している病院の近くで発生しました。退役軍人の自殺というあまりにもありふれた悲劇をメディアと市民が理解しようとし、非常に注目を浴びていました。VA(アメリカ合衆国退役軍人省)によると、アメリカでは約20人の引退した軍人が毎日自分たちの人生を絶っています。

3月に、ドナルド・トランプ大統領は退役軍人への力づけと退役軍人の自殺に関する国家計画表に署名しました。それは賞賛に値する発案のように見えるかもしれませんが、執行命令はすぐに結果を生み出すことはほとんどありません。この決議案では、退役軍人の生活の質を向上させ、退役軍人自殺の危機を緩和することを目的とした公衆衛生計画表を作成するための、新しい閣僚レベルの任務部隊の作成を規定しています。

多くの退役軍人が彼ら自身の人生を終わらせる選択をする理由の正確な原因を特定するのは難しいです。医学研究で確認されている最も一般的な要因の1つは、心的外傷後ストレス障害またはPTSDです。

Cleveland Clinic Journal of Medicineに掲載された2012年の記事によると「退役軍人は自殺念慮がある可能性が高いだけでなく、心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病に関連することが多いですが、自殺計画に基づいて行動する可能性が高いです。」

大麻とPTSD

退役軍人がPTSDをより効果的に扱うのを助けるかもしれない1つの解決策は大麻です。

退役軍人は大麻へのアクセスを得るのに苦労しています。VAは連邦機関であるため、連邦法に従わなければなりません。これは、VA医師が医療用マリファナを推奨または処方できないことを意味します。VA外の医師によって処方されている場合でも、大麻はVAの保険でカバーされていません。

PTSDを患っている退役軍人が彼らを助けることができる薬を容易に手に入れることができないのはどうしてでしょうか。PTSD症状の治療における大麻の有効性はよく知られ、証明されています。PTSDは、医療用マリファナを処方する最も一般的な資格条件の1つであり、医療用マリファナの資格条件と見なして合法化したアメリカの33州のうち30州です。

Benzingaは2人のイラク戦争を経験したベテランと、大麻がPTSDをどのように助けることができるか、そしてPTSDを持つベテランが何を経験しなければならないかについてのより良い理解を得るために話しました。彼らにとって、大麻は命の恩人であるだけでなく、他の退役軍人を雇用することで成功する事業を生み出すことを可能にしました。

PTSDとは

アメリカ人の約70%が一生の間に少なくとも1回の心的外傷事件を経験したことがあるか、またはそれを経験すると推定されています。これらの人々の約20%が心的外傷後ストレス障害、またはPTSDを発症することになります。現在、PTSDを患っているアメリカ人は1300万人を超えている可能性があります。

イスラエルに本社を置く大麻治療を専門とするティクンオラムの科学ディレクターであるアナベル・マナロ博士によると、PTSDは多くの症状がある状態です。同社は、この状態と診断された何百人もの患者を対象に調査を行い、最も一般的な症状は、嫌悪的な記憶、急な激しい激昂、および繰り返し起こる身体的な痛みであることを発見しました。

退役軍人はPTSDに苦しんでいるすべての人々の中でもわずかな割合しか占めていませんが、退役軍人がこの問題を注目の的にしたと言われています。紛争中に彼らが被った外傷的出来事の大きさや、退役軍人の症状は相応して重要であり、よく最悪な結果をもたらします。

退役軍人はPTSDをどのように治療する?

VAはPTSDを患っている退役軍人に処方する多くの手順と薬を持っています。そして、それはしばしば精神科の治療、脳の治療、そしてAmbien、ProzacとEffexorのような薬を含みます。

これらの薬や治療は万能薬ではなく、場合によっては中毒などの危険な副作用があります。「24時間体制の不安と不眠の夜でも眠ることができるように、薬物療法は私を麻痺させました」と2004年にイラクに派遣され、第1歩兵師団の第1大隊、第7野戦砲兵連隊と共に奉仕したロバートは言いました。

2003年、20歳の時にイラクでの軍事行動に参加し、米軍で3年間の勤務を果たしたベレンは、VAがうつ病、不安と睡眠のために処方したものが彼を「狂気」に駆り立てたと言いました。

「例えば、私はEffexorとNortriptylineの両方を一緒に服用するように処方されました。8週間後に副作用が発生した後、2か月前に銃器を妻に引き渡さなかったとしたら、その事件で命を落とすことになっていたでしょう」と彼は述べました。

「私のVA医師は、「間違い」を犯したことを認めました。実際、これらの2つの薬を同時に服用してはいけませんでした。」

大麻はどのように役立つか

ロバートとベレンは、バージニア州で処方された薬と治療を使っても自分たちの状態良くならなかった後、大麻で自己瞑想をするようになったと述べました。両方とも大麻が完全に元の状態に治さなかったとしても、改善は非常に顕著であると言いました。ロバートの場合、大麻が睡眠を助け、長年、彼を脅迫していた悪夢を取り除いたと述べました。

現在の科学では、処方薬と比較した場合、大麻は知られている長期の副作用を全く有さず、そして中毒性の可能性が非常に低いことを示唆しています。連邦レベルで合法化されている大麻の非中毒成分であるCBDもPTSD患者にとって有益である可能性がありますが、最良の効果は少なくとも少量のTHCとの併用により達成される、とティクンオラムのマナロは述べました。

PTSDに対する治療法は知られていません。そして大麻は症状を管理する手段であり、進行中の研究は薬の可能性がはるかに大きいことを示唆しています、と彼女が言いました。

「ティクンオラムの内外で多くの進行中の研究があります。 PTSDの治療における大麻の有効性は、実際には対症療法だけでは不十分であると考えています」とマナロ氏は述べました。「PTSDやその他の衰弱状態に対する大麻治療に関しては、人間の内因性カンナビノイドシステムは神経可塑性と神経システムの保護のために構築されています。言い換えれば内部バランスを回復させます。これは症状をはるかに超えた治癒を促進します。」

なぜVAは大麻を処方することを許されないのですか?

要するに、VAは連邦レベルでは違法であるため、大麻を処方することを許可されていません。これは変更されるかもしれませんが、アメリカの人口の65%以上が大麻の合法化を支持しているとしても、そうするための政治的な意志力の欠如がまだあるようです。

VAと大麻を扱う3つの法案が議会で発表されました。導入段階まで通過している法案はありません。そのうち2つは研究に関するもので、1つは、退役軍人医療用マリファナセーフハーバー法は、退役軍人が医療用マリファナを使用、所有、輸送し、大麻の使用についてVAの医師と協議することを許可します。

VAは、医師が大麻について退役軍人と話し合うことを可能にすることによっていくらか進歩しました。しかし、退役軍人が本当に必要としているのは、VAが医療大麻を処方することを許可し、それを保険でカバーすることです。大麻の特性に関する追加の研究は、政府にその有効性を納得させるかもしれません。それは、大麻がPTSDのために処方されるイスラエルを含む30のアメリカの州といくつかの国がすでに知っていることです。

何ができる?

退役軍人はPTSDに苦しみ続けており、VAの努力は明らかに不十分であるため、何人かの退役軍人が問題を自分達の手で解決しようとしています。

2010年に、ロバートは、カリフォルニア州のサンディエゴに本拠を置く、大麻企業向けのピンベースのデビット処理ソリューションプロバイダーであるHero Paymentsを立ち上げました。さらに、退役軍人が大麻を育てるのを手伝い、退役軍人が他の診療所ではあまりにも高価である特別な装置を利用することができる脳センターをアメリカ中に開くことを取り組んでいます。また退役軍人が大麻へのアクセスを容易にすることへも同様に取り組んでいます。

ベレンとその妻は、退役軍人がPTSDと闘い、自殺を防ぐことを目的とした団体、ミッションゼロを設立しました。彼は医学的大麻の率直な支持者であり、大麻をSchedule Iのリストから削除するように米国政府に訴えています。

退役軍人を支援し、権限を与えることは大きな影響を与えますが、やるべきことはまだたくさんあります。そして大規模な変更が必要です。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート