大麻 環境保護
大麻 環境保護

大麻は土壌をきれいにしたり、環境保護にも役立つ!​

Share on facebook
Share on twitter

インターネットでは、睡眠と健康を改善するための新しい健康アプリが溢れています。また、大麻由来の製品であり、マリファナの供給源としても知られているCBDオイルに関する膨大な量の情報も提供しています。

カンナビノイドと呼ばれる大麻の化合物の2つの主要な成分にはTHCとCBDがあります(後者は非精神活性成分)。CBDは以前ヘンプオイルとして知られていましたが、今は大麻オイルおよびカンナビジオールとも呼ばれています。

CBDはEUで大々的に販売されており、痛みの緩和からストレス、うつ病まですべてを改善するために販売されています。CBDの利点に疑問を抱く人もいますが、CBDに向けたこのマーケティングの推進により、大麻が地球にもたらす可能性のある利点をより認識できるようになると期待されています。

生態学的な利点

大麻の化学生態学はほとんどほとんど知られていませんが、現実には、大麻植物は、地球の現在の崩壊に対する最良の対応の1つであることが判明しています。

大麻調剤所(ディスペンサリー)の拡大に加えて、合法化の傾向が高まっているため(英国ではTHCを含む大麻は違法)、現在では大麻の娯楽的および医学的使用は広く公表されています。

しかし、今日のメディアであまり強調されていないのは、大麻植物の用途に加えて、土壌への付加的な利点です。綿や織物に使用される他の多くの植物とは異なり、大麻は水をほとんど必要とせず、農薬を必要としません。大麻が土壌から汚染物質を吸収し土壌浄化を可能にします。そして、大麻は土壌から摂取する栄養分の60〜70パーセントを返します。

大麻植物には幅広い用途があり、その栽培は生態学にとっても栄養にとっても有益です。この植物は、調理、燃料、パーソナルケア製品、栄養補助食品、飲料、焼き菓子、タンパク質粉末、ビール、小麦粉、動物飼料に使用されるオイルを提供できます。

さらに、ヘンプは建材(繊維板、断熱材、セメント、モルタル)、紙製品、工業用繊維に使用されています。さらに、この植物には無数の農業上の利点があります。それは雑草を抑制し、その根は土壌通気を提供し、花粉の分離を可能にします。

生産の利点

これが意味することは、ヘンプが私たちの持続可能性のために最も広範囲の用途を提供するということです。たとえば、麻は、綿よりも2.5倍高い収量を生み出すために必要な水の半分の量しか必要としません。

綿の生産は農薬に依存しますが、麻はそうではなく、その密な葉は雑草の成長を防止または抑制するのに十分な日陰を提供するため、麻は害虫に対して自然な耐性があります。

2026年までに成長がほぼ2倍になると予想される産業用の大麻栽培から「自分で選ぶ」大麻畑まで、未来は北米での大麻ベースの生産に向けて急速に動き始めています。

今月初め、ニューヨークファッションウィークのコルトモモルによるランウェイショーは、持続可能に製造されたヘンプレンガから作成された26のデザインで構成されるコレクションを展示しました。

CBDの流行が絶えずオンラインで推進されているところでは以外でも、繊維用の麻の生産は流行となる可能性があります。

この現在のプラスの副産物は、麻の生産が後押しされており、多くのファッションデザイナーが竹や麻などのより持続可能な織物を提唱していることです。リーバイスでさえ勢いを取り戻し、「綿麻」で作られたスタイルを最近リリースしました。麻は100%生分解性であるため、このファブリックはますます未来のファッションの前兆になりつつあります。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート