大麻 不安
大麻 不安

大麻は不安を緩和する事もあれば、誘発することもある!妄想を防ぐ方法とは?​

Share on facebook
Share on twitter

大麻の喫煙者として、大麻は精神的な不安を取り去るのか、それともむしろ不安を誘発するのかという質問を受けることがあります。個人的に、私は両方を体験したことがあります。

期末試験や就職面接、仕事や人間関係など、私たち人間はコントロールできないほどストレスを感じてしまう瞬間があります。不安やストレスを取り除く手段として、大麻を使用することがあります。大麻はストレスを和らげ、心を豊かに保つことに役立ちます。また、夜には安らかに寝ることができます。

但し、ハイになり過ぎて、後悔した瞬間ももちろんあります。THCは人によって異なる影響を与えることを理解しなければいけません。大麻は必ずしも全員のストレスを取り除くわけではなく、場合によっては悪化させる可能性があることも認識しておく必要があります。

THCに関する脳の化学

煙を一気に吸い込むと、筋肉を弛緩させたり、創造性を駆り立てたり、感情のコントロールをしてくれるなど、脳の多くの領域に影響を与えます。カンナビノイドが脳に入ると、上記の症状を制御する受容体に結合します。扁桃体は脳の中で最も影響を受ける部分の1つで、大麻によって不安や恐怖の影響を受け、被害妄想を発生させるきっかけにもなります。

ただし、扁桃体は不安を和らげる働きをすることを知っておく必要があります。不安を感じる、安心を感じるというのは表裏一体なのです。

THCは、扁桃体と脳の他の部分との間の神経伝達に影響を与え、感情を高めます。多くの経験を積んだ一部の方はこの感覚を理解し、好意をもってTCHを摂取します。まだ、経験が浅い方は、むしろ不安を感じてしまうことがあります。

体が自然に作り出す内因性カンナビノイドは、不安を和らげる化学物質です。研究により、PTSDの影響を受けた人や、多くのストレス、外傷を受けた人は内因性カンナビノイドの自然生成が少ないことが発見されました。そして、大麻の喫煙は、脳に不足している化学物質を刺激するのに役立ちます。これは、マリファナが特定のストレスを緩和するのに役立つ理由に関する洞察を与えてくれます。

不安の原因

最近、大麻の喫煙で不安を感じている場合、問題の原因を特定し、さらなる合併症を防ぐ方法を理解するチャンスです。また。以前に不安を経験したことがある場合、THCを吸入するとさらなる不安を感じる可能性が高いことが研究により証明されています。

大麻を試し始めたばかりのときに不安を煽られていると、被害妄想を経験する可能性が高くなります。より頻繁に大麻を使用する人々は、パニックを起こさないように耐性が構築されますが、被害妄想をもう経験しないということではありません。私が言いたいのは、パニック発作が起こりにくい可能性が高いということです。

大麻には精神活性作用のある物質があるため、脳に影響を与えます。THCを吸っている間に感じる不安の強さは、その時の精神状態など、多くの要因があります。パニック発作や不安を経験したことがある場合、不安を感じる可能性が高いと考えられます。さらに、吸入するTHCの量や環境にも影響を受けます。

大麻を吸ったことがないまま、「ハイ」なるとどのように影響を受けるかを研究しようとするのは答えが見つからないので、無意味です。効能を知る唯一の方法は、物質を自分で吸入し、直接体験することです。ただ、生物学と環境が体験の大部分を決定するという知識があれば、よりリラックスした状態で、効能を経験することができます。

不安を和らげるための品種

多くの人が気付いていないのは、被害妄想の大部分は、THC量に関係しているということです。THCが多いほど、明らかにより高揚感が得られます。しかし、現在では不安を防ぐために設計された品種もあります。通常、このような品種は多くのCBDが入っており、THCの含有量は少なくなっています。

CBDは大麻のもう1つの有名な化合物で、最近医療業界で注目を集めています。THCに関連する精神活動の多くを打ち消し、陶酔感を抑えることができます。

現在、CBDは統合失調症、うつ病、感染症、糖尿病など、さまざまな治療に使用されています。

どの系統が不安を和らげる可能性が高いかを知る最良の方法は、独自の研究を行うことです。前述のように、誰もが大麻に対して異なる反応を示します。そして、各品種にはさまざまな要因があります。不眠症の人を助ける傾向がある品種もあれば、うつ病を緩和する可能性のある品種もあります。

ハイ状態で被害妄想を避ける方法

適切な品種を選ぶのと同じように、ハイ状態に不安が発生しないようにする方法があります。例えば、被害妄想を経験する人々は、既に経験豊富な友人と一緒にいることが多いです。当然、ジョイントが隣から周ってきて自分の順番になると吸引を続けざまに行うことになりますが、自分の健康を考えて、何回かパスすることで、長期的には自分自身を助けることができます。

また、パイプを利用して少しの量だけをまずは体験してみるというのも良い方法です。

これらを踏まえて考えると、塗り付けや大麻食品は避けた方がいいかもしれません。大量のTHCが含まれているオイルを使用した場合、不安を感じて病院に連れて行ってほしいと感じる人の例がたくさんあります。一方、大麻食品は喫煙とは異なる影響を与えます。食べた食品はゆっくりと時間をかけて胃で吸収され、この時感じる「ハイ」は、とても強力になります。

最後になりますが、大麻を体験するときは快適な環境にいることを確認してください。リラックスして変化を楽しむことができるとわかっている場所に自分を置くことで、最高の体験をすることができるはずです。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート