image 52
image 52

大麻はどんな喫煙方法がありますか?喫煙を楽しむ様々な方法​

Share on facebook
Share on twitter

新しいテクノロジーがさまざまな効果をもたらしてくれる、新しい大麻の栽培を可能にしているのに対して、大麻を喫煙するという摂取方法が未だに世界でもっとも一般的で好まれています。

花は「芽(バッツ)」とも呼ばれ、栽培、収穫、乾燥、などの過程を経た、大麻植物の喫煙可能な部分を指します。バッツの喫煙はいろんな喫煙方法で楽しむことができる為人気があります。例えばパイプやボングを使って喫煙する、または大麻を紙で巻いたジョイントや葉巻で巻いたブレットをタバコのように喫煙するなど、さまざまな摂取方法があります。

多くの摂取方法がある中で、喫煙で摂取するメリットはその即効性です。喫煙した後、効果をほぼ即座に感じることができます。効果の持続時間は人によって異なりますが、だいたい1~3時間の間です。

喫煙方法

世界中の喫煙者の大半はバッツを巻紙で巻いてタバコのように喫煙するのが好きですが、たくさん大麻の喫煙を楽しむ方法があります。これらの方法は、人の好みや環境、および状況によってかわります。

ジョイントを巻く

これは大麻を摂取する最も一般的な方法です。ジョイントを巻くことには多くのメリットがあります。ジョイントで喫煙する際に必要な唯一の道具は、ローリングペーパー(巻紙)と大麻です。ローリングペーパーは安価で購入が簡単です(ほとんどのコンビニエンスストアで購入可能)。

葉巻で巻く(ブラント)

あまり一般的ではありませんが、ブラントはジョイントでの喫煙と基本的には同じ考え方です。ブラントは、空になって再包装された空の葉巻です。ジョイントと同じく、ブラントを巻くことに必要なのは、葉巻(またはタバコの葉)と大麻だけです。葉巻はほとんどのコンビニエンスストアで販売されているため、どこでもブラントを作ることが可能です。ブラントの唯一の欠点は、タバコ(葉巻)も同時に喫煙していることです。

パイプ

おそらく、最も簡単で最も直接的な大麻の摂取方法は、パイプの使用です。小型でコンパクトで使いやすいパイプは、大麻を喫煙する際に使用される手で持てる道具です。パイプの使用は力や水を必要としません。単にバッツをほぐして、ボウルの中に入れ、満タンになったらライターで火をつけてください。旅行や控え目の使用に理想的なパイプは、大麻消費者にとって実用的で信頼できる道具です。

ボング

大麻の消費のもう一つの一般的な方法は、水パイプ「ボング(bong)」の使用です。ボングは、チャンバーと呼ばれる水が入っている部分と、ダウンストリームと呼ばれる、チャンバーと繋ぐ、大麻を置くボウル(管)で構成されています。ボングは、熱と喫煙の害を落ち着かせるのに理想的です。チャンバ内の液体は、喫煙粒子のろ過を助けてくれ、煙がボングを通る間にパイプの長さが冷却作用を助けてくれます。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter