| |

大麻はどれくらい体内に残りますか?薬物検査で検出される期間は?​​

大麻の消費を始めたばかりのすべての人にとって、大麻がどれだけ早く効力を発揮するか、「ハイ」がどれくらい続くのか、そしてどれくらいの期間、麻薬検査で大麻が検出されるかについて知っておいたほうがよいことをいくつか書いていきます。

大麻はどのくらい早く体に入っていきますか?

この質問に対する答えは、大麻の摂取方法によって大きく異なります。トロント大学中毒精神保健センターの上級科学者であるロバート・マン博士は、大麻を喫煙する、または蒸気を吸うことは「血流に薬を入れるための非常に効率的な方法」であると言います。彼の研究によると、ほとんどの人はジョイントを吸ってから約5分後に「ハイ」になります。

しかし、マリファナを注入した食用のものでは状況がかなり異なります。喫煙または蒸気を吸うのではなく、大麻の入ったスナックを食べるのが好きであれば、食べ物を食べた後、最大2時間で効果が始まるように準備しておく必要があります。

大麻は体内にどのくらい残るでしょうか?

マン博士によると、その最高レベルの「ハイ」に達した後、体内にあるTHC(ハイにさせる、マリファナの化学物質)が通常に戻るには数時間かかるでしょう。

「THCレベルは数時間で非常に急速に低下します。その後、低下はしばらくの間緩やかになり、数時間後には、血中濃度はかなり低くなっていると思います。」とマン博士は語りました。

彼は、約6時間後には運転しても大丈夫だと示唆していますが、効果がまだなくなっていないと思われるのであれば、もっと長く待つ必要があります。そして、もし大麻の食用を消費するなら、運転する前に、大麻の効果を感じ始めてから約8時間ぐらいは待ってみるのがおそらく最善です。

もちろん、大麻を消費する方法だけが、「ハイ」がどれだけ長く続くかということを左右する唯一のものではありません、とブリティッシュコロンビア大学の大麻科学のキャノピー成長教授、MJ Milloyは言います。どれだけの量を摂取し、大麻がどれだけ強いか、によっても関係しています。

「個人に対する大麻の影響と検出の可能性は、実際に人々が何を使用しているかによって異なる。」と彼は述べました。「例えば、人々が高THCのジョイントを喫煙していると、高CBD大麻のジェルキャップを服用している場合とは、異なるということです。」

「どれくらい深く吸入するか、どれくらいの期間吸入するか」などの単純なことでさえ、大麻の経験がどのようなものになるかが異なります、とマン博士は述べています。

麻薬検査で大麻を検出できる期間はどれくらいですか?

大麻は体と相互作用するため、最後に消費した後、ずっと長い間、薬物検査で陽性反応がでます。ある人はマリファナを最後に消費から1カ月後の尿サンプル中に大麻が検出されています。

「大麻を使用すると、体内の脂肪にTHCが吸収され、そこにはゆっくりと放出され続ける貯水池のようなものがあるため、長期間にわたって微量のTHCが血中に含まれます。しかし、非常に低いレベルです」と、マン博士は言いました。

そして、大麻をより頻繁に摂取すればするほど、あなたの血液や尿からTHCが長期間にわたって検出される可能性が高くなります。

「頻繁に使用するユーザーや毎日または1日に数回使用する消費者の場合、THCはシステムに蓄積しています。体内にどんどん蓄積されていく為、長期間にわたってより高いレベルが体内に蓄積されることになります。」

ですから、パイロットや、他の安全を重視する職業に就くことを望んでいるのであれば、薬物検査を受ける少なくとも30日前にはマリファナを禁止するようにしてください。

全ての記事を見る

Similar Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *