大麻 取り調べ
大麻 取り調べ

大麻の香りが理由で車内の捜査を行うことは違法という判決!​​

ペンシルバニア州の裁判官は、大麻の香りに基づいた医療用大麻患者の車の捜査は違法であると裁定しました。今月初めに提出された判決では、リーハイ郡裁判官のマリア・ダントス裁判官は、麻薬および武器事件の証拠を除外し、検察官に打撃を与えました。

この判決は、ペンシルベニア州で登録された医療用大麻患者であるティモシー・バー(27)の事例に由来しています。11月、ペンシルベニア州ジャーマンズビルの居住者であるバーは、交通違反で州の警察官に止められました。その時は妻が車を運転していてバーは乗客でした。そして、警察官が車両のマリファナの匂いがすると言われたので、バーは、州が発行した医療用大麻の身分証明書を見せました。

しかし、警察官は、まだ車を検索する法的権利があると主張し、少量の大麻と大麻残留物を発見しました。また、運転席の下に装填済みの拳銃が見つかりました。以前の有罪判決により、バーは銃器を所持することを禁じられていました。

ダントス裁判官が提起した訴訟の意見では、裁判官は、バーが医療用大麻の身分証明書を見せた後、他の犯罪を犯したと疑うことは「非論理的、非現実的、不合理」であると書きました。

「マリファナの匂いは、それ自体が犯罪を示すものではなくなりました」とダントス裁判官は書いています。

警官は法律を知らない

また、この事件は法執行官が法律についてどれほど知らされていないかを物語っています。この事件に関与している一人の警察官は、医療用大麻には臭いがないと思っていて、もう1人は、乾燥大麻は州の医療用大麻規制の下では違法だと考えていた、と証言しました。大麻のバッツは、2018年8月以降、認可された医療用大麻薬局で合法的に購入できるようになっています。

医療用大麻患者という状態にもかかわらず、警察官たちは、マークのない薬瓶に入っていた1グラム未満の大麻を発見し、バーを告発しました。

「ペンシルベニア州議員は、合法的な医療用マリファナカードを持っている人が、提供元がはっきりと記されていないパッケージの中に入っている大麻で逮捕され、起訴されることを考えていませんでした。そのような行動は、医療目的でのマリファナの合法化を妨げる手段に過ぎない」とダントス裁判官は意見を述べました。

また、ダントス裁判官は、この事件が「医学界と法執行機関の間の明確な分離」を示していると書いています。裁判官は、マリファナの所持容疑を却下し、車内で発見された拳銃が武器事件の証拠として容認できないと判断しました。

地方検事のジム・マーティン氏は、彼の事務所が裁判での判決と公聴会の内容をレビューしていると述べました。検察は、ダントス裁判官の判決を上級裁判所に上訴するか、除外された証拠なしで訴訟を起こすか、訴訟を取り下げるかをまだ決定していません。

この記事をシェアする

Facebook
Twitter