大麻畑
大麻畑

大麻の起源は2800年前のチベットであると新しい研究が発表!

Share on facebook
Share on twitter

歴史家は、人間が大麻の種子、繊維、花穂を何千年も使用しているという事実をよく知っていますが、大麻植物自体の実際の起源は謎のままです。しかし、バーモント大学よる新しい研究のおかげで、この謎は今や解決されるかもしれません。

研究者たちは、ビール生産の重要な柱であるホップの花粉に非常に似ているため、考古学的サンプル中の大麻花粉を正確に特定するのにかなり苦労してきました。しかし、大麻は草原で自然に成長し、ホップは一般に森林地帯で成長するため、研究チームは2種類の花粉を正確に分離できる可能性があることに気付きました。ジョン・マックパートランドと彼の同僚は、大麻花粉は通常、他の草原植物の花粉と混ざっているのに気づき、一方、ホップ花粉は通常木の花粉と混ざっているのに気づきました。

この理論的根拠を使用して2種類の花粉を分離することにより、地質学的記録における大麻花粉の最初の出現が中国北部とロシア南部で発生したことがわかりました。この花粉の分布を分析することにより、研究者たちは大麻が海抜2マイル近くの青海湖近くのチベット高原に由来している可能性があると結論付けました。大麻は2800万年前にこの台地で成長していた可能性があります。

Vegetation History and Archaeobotanyジャーナルで先週公開された新しい研究は、古い謎に対する答えを一つ導きました。しかし、ロサンゼルスのBioAgronomics Group Consultantsのロバート・クラークは、この研究には限界があると考えています。クラークはニューサイエンティストに、「大麻は中央アジアのどこかから来たとほとんどの人が同意している」と語りましたが、この研究では、大草原を横断する川の土のように木と大麻の花粉が共生する可能性のある領域を説明できなかったと述べました。

これからも大麻植物の正確な起源について説は出てくるかもしれません。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter