大麻 持続可能性
大麻 持続可能性

大麻の持続可能性を探る!消費者の意識を変える為の議論!​

Share on facebook
Share on twitter

4月23日火曜日のファッショングループデンバーの最新の議論、「Green Is the New Green」は大麻と持続可能性に焦点を当てていました。大麻業界やファッション業界の起業家たちが、Blanchard Family Winesに集まって、持続可能性を企業の利益のためにどのように活用できるか、そして持続可能な製品がどのようなものかについて消費者の意識を高める方法について話し合いました。

持続可能性を目指す企業にとっての課題の1つは、どの分野が最も影響力があるかを特定することです。CBD抽出会社NOHI WellnessのオーナーであるPauline Marie Weller氏によると、この課題に取り組む1つの方法は、他の地元企業と協力することです。

Weller氏によると、NOHIは他の地元企業を支援し、コミュニケーションを容易にするために海外の大麻生産者とではなく、コロラドの大麻農家とのみ協力するとのことです。

「我々は2年間の調査をしました」と彼女は議論の間に言いました。「私たちのパートナーシップは、私たちの会社と同じレベルの透明性、教育、そして持続可能性を持つ人々とのものです。」

また持続可能性は、消費者が自分で製品を製造することを可能にし、小売レベルで包装と輸送を削減することができます。Levo Oilの創設者Christina Bellman氏は「私たちは消費者が自宅でDIYをする後押しをします。」と説明しました。「消費者は日常生活の中で使う原材料を管理して、ショップの製品で見つかるかもしれない謎の原材料を避けるのを助けます。」

Levo Oilは、ラベンダー、カモミール、そして(大部分は)大麻などの薬草が入っているバター、オイル、その他の液体等のキッチン用品を販売することで、この考え方を促進します。これらの新しい技術と消費方法は、高齢世代が大麻について持っている否定的な不名誉を変えるのを助けることができます。そして、起業家は、意識の変化がチャンスであると考えています。

PodcastのホストおよびブロガーのAnna Duffは、初心者と大麻に関して会話を始めるときには結局、健康について話すことになる。と述べています。「大麻は多くの健康上の利点があるため、より多くの人々が大麻に興味を持ち、夢中になります。」と彼女は言いました。「現在、麻(ヘンプ)はいたるところにあります。そして大麻とは何かについて、会話が多くされています」

麻の強力な繊維、栄養価の高い種子等の連邦レベルでの新たな合法化により、精神活性作用がないマリファナの従兄弟は衣料品会社、プラスチック製造業者、食品製造業者の間で人気のある新しい選択肢となりました。高レベルのCBDを有する植物も商業的に爆発しており、オイル、チンキ剤、ローション、食品およびより多くの製品が現在カンナビノイドをもたらしています。これらの新製品を楽しむことは非常に重要です。

議論の参加者の間では、持続可能な製品は高価であり、多くの人がそれらを買うことができないかもしれないことが認められました。これには、低所得者が特定の病気を治療するために必要となる可能性がある大麻やCBD製品が含まれます。

設定している利益率がまだ手頃な価格の製品を提供できていないなら、会社はチャリティーなどの形態を考慮する必要があります。Weller氏によると、NOHIの利益の5%は、必要としている有資格者のためのCBD製品に向けられています。

この記事をシェアする

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
メニューを閉じる
×
×

カート